このページの本文へ

大量飲酒でも脂肪肝になりにくい遺伝子突然変異が発見される

2018年04月03日 13時27分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大規模なDNA解析調査の結果、肝疾患に耐性を持つ遺伝子突然変異を有する人々の存在が明らかになった。飲酒を原因とする肝硬変に罹患する確率が通常より大幅に低く、研究が進めば脂肪肝疾患を抑制する医薬品を開発できる可能性がある。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ