このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ポタフェス 2017冬 第1回

軽量級200g以下で選ぶ「最新ハイレゾ機」(前編)

本当に音がいい機種を探せ! ポタフェスで見た新製品

2017年12月21日 17時00分更新

文● ゴン川野 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2017年12月16~17日の2日間、東京・秋葉原で開催された「ポタフェス 2017 -WINTER Tokyo Akihabara -」。現地からのレポートを注目ジャンルに絞って紹介していく。まずはハイレゾプレーヤーの新モデル。

 最近、ハイエンドDMPがやたら重くなっている。

 Astell&Kern「A&ultima SP1000」のステンレスモデルは386.6g、ソニー「NW-WM1Z」が455gである。これはもう気軽にポケットに入れて持ち歩ける重さではない。もっと気軽に音楽が楽しめる軽量プレーヤーが欲しい。そんな思いを胸に抱いてポタフェス2017の最新DAPを試聴してみた。

イベントの注目機種CT10は、低価格かつコンパクトなハイレゾプレーヤーだ。3.4型WVGAを搭載

 その操作性と音質でオススメの機種はどれなのか。リファレンスモデルをソニー「NW-ZX300」実売価格約6万円と「NW-A45/16GB」実売価格約2万円に定めて、200g以下の新型DAPを聴いてみた。

新ブランドACTIVO「CT10」は中低音重視でエッジの効いた音

 ACTIVOは、groovers Japanのポータブルオーディオブランドで「CT10」はAstell&Kernの一体型モジュール「TERATON」を使っているのがミソ。モジュール化すればスマホやカーナビにハイレゾ対応のオーディオ機能が簡単に組み込めるのだ。

アユートブースの入口に展示されたACTIVO「CT10」

 このモジュールの中にはDAC、クロック、ヘッドフォンアンプなどが収められ、電源を用意するだけでDAPが完成する。音はAstell&Kernっぽいのかと思ったのだが、中低音の量感があり、それに負けないようにシャープな高音をぶつけている。音色はややドライでカラッとしている。独特の空間感があり、そこにわずかにAstell&Kernらしさを感じた。発売時期価格未定だが300ドル以下を目指すそうなので、予想実売価格は3万4000円としておこう。

アルバム表示でサムネイル画面に対応

 インターフェースは「A&ultima SP1000」に準拠しており、タッチパネル操作がメイン。ボリューム調節用のダイヤルは独立している。ストレージ容量は16GBで最大256GBのmicroSDカードに対応。DACはシーラス・ロジックの「CS4398」を搭載。USB DAC機能、USBデジタルオーディオ出力にも対応する。

 Wi-FiとBluetoothに対応。DLNA Link機能も使える。重量約112gと非常に軽い。PCM/192kHz、DSD128はPCM変換で再生できる。連続再生約10時間。

独立したボリュームダイヤルは微調整もできる

物理ボタンは3個でカードスロットは1基

 この機能とインターフェイスを備えて、もし3万円台前半なら非常にハイコスパ。中華プレーヤーの中にはタッチパネル非搭載で、アルバム表示でサムネイルが表示されないモデルもあるが、「CT10」はインターフェースの面でもソニーに対抗できる。

バランス対応で解像度を上げたaudio-opus「OPUS#1S」

 audio-opusは、いまのところDAPだけを製品化しているオーディオブランドである。最初にDACを決めて、それにあった回路とボディを作っているようだ。現在、OPUS#1から3まで発売中。私が好きなのはES9018K2Mを2基使ったフルメタルボディの「OPUS#2」である。フルバランス構成で、解像度が高く音場感に優れた音を聴かせてくれる。

手にしっくりくるサイズと重さで扱いやすい

 「OPUS#1S」はOPUS#1の後継機で、DACをシーラスロジックCS4398からモバイル向けのCS43198に変更して2基搭載、直径2.5mm4ピンのバランス出力に対応。PCMは192kHz/24bitで、それ以上の場合はダウンコーバートして再生可能。DSDはPCM変換で再生する。DSD5.6MHz(DoP方式)でUSB出力対応、USB DACとしても使えるが現行のファームウェアでは48kHz/16bitまでの制限がある。

 OPUS#1Sの音は、これと比較すると粒立ちをやや抑えて、なめらかでウォームな音色。女性ボーカルが心地よい。「OPUS#3」に比べて解像度が高くハイレゾ音源の恩恵を感じられる。クセのない音で音楽のジャンルを選ばない。

背面はカーボン調の模様になっている

ラインナップは「OPUS#1S」「OPUS#3」「OPUS#2」となる

 液晶ディスプレーは4インチのタッチパネルで明るく操作性も良好。ストレージ容量は32GBでmicroSDカードスロット2基を搭載して512GBまで容量を追加できる。重量190g、実売価格は約5万円だ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中