このページの本文へ

ネット企業はスマホで洗脳、 元グーグルのデザイン 倫理学者が主張する理由

2017年11月13日 06時58分更新

文● Rachel Metz

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
テック業界の内側でスマホやソーシャルの負の側面に目を向ける人は多くない。だが、元グーグルの「デザイン倫理学者」は、スマホ利用の長時間化は公衆衛生の危機であり、テック企業はインターネットで社会を操っているという持論を展開している。インターネットをもっと社会的に貢献できるように使えないのだろうか。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ