このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集! 第40回

iPhone X/8で始めるApple Pay 結局どのカードが使える?

2017年10月29日 10時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q3 Apple Payなのに「QUICPay」や「iD」、「Suica」で支払うのはどうして?
A3 日本では以前からFeliCaとそのインフラが普及していたため

 日本国内では早くからFeliCaによるIC決済プラットフォームが広く普及していたため、iPhoneもわざわざFeliCaを搭載し、このインフラを経由してApple Payを利用することになったのです。

カード会社ごとに「QUICPay」か「iD」どちらを用いるかは決まっている。今では主要コンビニはいずれも両方に対応するなど、加盟店の数ではさほど大きな差はない

 Walletアプリにクレジットカードを登録すると、QUICPay/iDのどちらかのロゴがカード上に表示されるので、コンビニなどの店頭では「QUICPayで支払います」または「iDで支払います」と伝えたうえで、Touch ID(iPhone 7/8の場合)に指をタッチしたままICリーダーにiPhoneをタッチすれば決済が完了です。支払いは紐付けされたクレジットカードに合算されて後ほど請求されます。

実際に買い物をするときは「Apple Payで」ではなく、「QUICPay(またはiD)でお願いします」とハッキリと店員さんに伝えよう

 Suicaでも基本的には同じですが、こちらはプリペイド型なのであらかじめチャージしておく必要があります。チャージは「Suica」アプリからが便利なのですが、「Suica」アプリではApple Payのほかに、アプリ内で独自に登録したクレジットカードからのチャージも可能です。

 このうち後者はJCB/VISA/MasterCard/AMEX/ダイナースといった国際ブランドに対応していればOK……つまり、Apple Pay非対応のカードであっても「Suica」アプリ経由であれば使えるというわけです。

Suicaのカード追加やチャージは、「Wallet」アプリではなく「Suica」アプリが便利。SuicaをiPhoneに登録する際はすでにあるカードを取り込むことも可能だが、定期券を使っているなどの事情がなければ、新規にカードを作成するのが面倒事がなくて楽。作成するカードも記名式カードの方が制限が少なくてやはり便利

Suicaアプリ内で登録したカード、もしくはApple Payのどちらかでチャージが可能。前者についてはVISA/MasterCard/JCB/AMEX/ダイナースいずれのカードでもOK。つまりApple Payに非対応のカードも使えるわけだ

Q4 Suicaを登録したら設定された「エクスプレスカード」ってなに?
A4 エクスプレスカードにSuicaを登録すれば、Touch IDなしで使える

 コンビニなどでQUICPay/iD経由で決済する際は、前述したようにTouch IDに指を乗せた状態でリーダーにタッチする必要がありますが、通勤時間帯の自動改札機で毎回それを求められたら、誰かがミスするたびに混乱が発生します。

 そこでApple Payでも、Suicaについてはエクスプレスカードに設定しておくことで、Touch IDなしで決済するという扱いをしています。Suicaを自動改札機で使うという人はオンにしておくといいでしょう。

Suicaをエクスプレスカードに設定しておくことで、自動改札機などでTouch IDが不要になる

Q5 「VISAはApple Payで使えない」ってのはなんだったの?
A5 実利用の場面では基本的に忘れてしまってOK

 すでに繰り返し紹介していますが、Apple Payへのカードの登録の可否は原則としてカード会社で決まってきます。カード会社が対応していれば、VISAブランドが付いたカードでもApple Payに登録することは可能で、QUICPay/iD経由での決済が可能です。

 ただ、Apple Pay自体は独自の決済プラットフォームも持っており、MacやiPhoneを使ったウェブやアプリ経由での決済が可能です。そしてこれはVISAには対応していないのです。

 具体的には、先ほどSuicaのチャージ方法として、Apple Pay経由とアプリ内で登録したカードの2通りがあると紹介しましたが、前者については実はVISAブランドのカードでは不可能です(Apple Payに登録できるカードであっても)。ただし後者は可能ですし、国内の店舗でApple Payを利用するのはQUICPayやiD、Suica経由が大半ですから、実利用上はあまり気にする必要はないというわけです。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中