このページの本文へ

NTTデータ、ブロックチェーン活用カタログ発信のためチーム結成

2017年08月14日 20時35分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTデータは、海外のグループ会社を含めた全社でブロックチェーンの活用を推進するチームを発足した。

 推進チームでは、NTTデータグループが金融・公共・製造などのさまざまな業界で蓄積しているブロックチェーンのノウハウを集約し、進歩し続ける技術動向を取り込んみ、カタログとして発信する。

 ブロックチェーンの特性に沿って、導入効果や実現までの期間、費用感のほか、単位時間当たりの処理規模、ネットワーク構成、サービスレベル、セキュリティーなどの分析も実施。

 ユーザーがビジネスへの適用を効率よく検討できるように、プラットフォームを整備し、技術検証をしていくという。

 また、ユーザーのビジネス検討を推進するコンサルタント、技術の選択やアプリケーションの実装・評価をするエンジニアなど、グループ内でブロックチェーン関連のプロを育成するトレーニングコースも設置する。

 さらに、同社の開発環境である統合開発クラウドやパブリッククラウドで、Hyperledger ProjectやEthereumといったプラットフォームも整備する。

 今後同社は、2019年度末までに100件以上のブロックチェーンを活用したビジネスの検討を目指していくとする。

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO