このページの本文へ

大型船の機関の運転状態や各種センサーのデータを統合管理して異常を検出、

商船三井、ビッグデータを活用した次世代型機関状態監視システムを実船に搭載

2017年07月19日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Class NK CMAXSのイメージ図

 商船三井は7月19日、新たに建造する運航船2隻に次世代型機関状態監視システム「ClassNK CMAXS」を搭載すると発表した。

 新たに建造される2隻には、主機関や発電機関、補機類を一括して運用できる「CMAXS共通プラットフォーム」のほか、主機関向けのデータ分析機能「CMAXS e-GICSX」や発電機関向けの機関運用サービス「CMAXS-LCA」が搭載されている。ClassNK CMAXSは、これらのデータを統合してモニタリング。乗組員が気付けない機関の異常の予兆を検出し、機関トラブルの未然防止や運航停止時間の極小化を実現するもの。

 商船三井では、2016年11月より「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIP PROJECT~」として、運行船舶から得られるビッグデータを船内で一元的に収集、海上ブロードバンドで接続して船陸間でデータを共有し、運行支援や環境負荷の低減、船舶管理などに役立てるシステムの構築を目指しており、今回の取り組みもその一環となる。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!