このページの本文へ

スマホとPCをサイバー攻撃から守る術 第4回

カフェで「ドヤァ……」する前にマカフィー リブセーフ導入を!

サイバー攻撃からあなたのMacを守るシンプルな解決策

2017年07月12日 11時00分更新

文● 二瓶朗 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

巷を賑わせているランサムウェアやフィッシングサイトといったネット上の脅威から身を守る術をご紹介! たった1本で家族全員のパソコンとスマホすべてを守ってくれるセキュリティ対策製品「マカフィー リブセーフ」とその周辺サービスを駆使していこう。

Q:Macなら不正アクセスやマルウェアの心配はないよね?
A:そんなことは決してない! マカフィー リブセーフで保護しよう

 かつて「Macはウイルスに強い!」と盛んに言われていたような気もするが、もちろんそんなことはない。

 最近巷を騒がせているランサムウェアや標的型メール攻撃の脅威に対しては自己防衛することこそが確実な手段だ。実際、マカフィーが先月末に発表したレポートによれば、2016年後半からMac OSに対するマルウェアが急激に増えている。ぜひとも今のうちに、手軽に導入できる「マカフィー リブセーフ」をMacにもインストールしていこう!

 Macから直接マカフィーのサイトにアクセスしてマイアカウントからインストールを開始してもいいし、以前紹介したように、すでにインストール済みのWindowsパソコンのマイアカウントページからメールでリンクをMac宛てに送信してもかまわない。ここでは前者の手順でインストールを進めていく。

Macにマカフィー リブセーフをインストールする

デバイスに「Mac」を選択して「ダウンロード」をクリック

ファイルのダウンロード画面。このときに「シリアル番号」を控えておこう

ダウンロードしたファイルを開き、インストーラー「McAfeeMacInstaller」をクリックして起動

インストーラーが起動する。古いマカフィーのアプリがある場合はまずそれらがアンインストールされる

アプリの互換性などがチェックされ、インストールが進んでいく

シリアル番号の入力を求められたら、先ほどメモっておいた番号を入力する

まず初めに、インストールファイルがダウンロードされていく

インストールが進んでいく

インストール終盤で、Safariへの機能拡張インストールについての確認が求められることがあるが、このとき「信頼」をクリックしてインストールを進める

Safariの機能拡張インストールが完了した。「サイトアドバイザー」機能についてはまた後日解説しよう

これであなたのMacも防御完了

 これでMacの安全も確保できた。基本的なファイアーウォールやマルウェア対策機能のほか、検索結果の安全性や危険なサイトへのアクセスをブロックしたり、クラウドストレージ「パーソナルロッカー」や生体認証を使ったパスワード管理アプリ「True Key」を利用できる。各機能の使い方は別途バッチリ解説するのでご安心を!

 自宅でMacを使う人はもちろんだが、外出先で作業をすることが多い人なら、ぜひマカフィー リブセーフでしっかりとした保護を施しておきたいもの。いわゆる公衆無線LANにはリスクが潜んでいるからだ。セキュリティ対策製品による保護を実感してこそ、カフェで安心しつつ「ドヤァ……」と作業できるというものだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる