このページの本文へ

安心の通信性能に加えて盗難防止用オプションなど親切設計

安定した通信が可能な11ac対応無線LANアクセスポイント「WAPM-1266R」

2017年05月24日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「WAPM-1266R」

 バッファローは5月24日、DFS障害回避機能を搭載した法人様向け無線LANアクセスポイント「WAPM-1266R」を発表。7月中旬に発売する。

 IEEE 802.11acに対応し、DFS障害回避機能を持つほか、周囲の干渉電波を感知して最適なチャンネルを選択する干渉波自動回避機能を搭載し、安定した通信が可能。さらに無線LANシステム集中管理ソフトウェア「WLS-ADT」(別売)を使うことで電波環境を確認できる「電波環境見える化機能」を搭載する。また、別売オプションとして、盗難防止用鍵で盗難やいたずらから守るセキュリティケースなども用意し、オフィスや施設などで利用しやすい製品となっている。

天井への設置を考えてポートには上下に表示

セキュリティケースを装着したところ

 2.4GH/5GHz同時通信が可能。有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tを2ポート装備し、1ポートはPoE受電にも対応。本体サイズはおよそ幅175×高さ200×奥行き45mm、重量約800g。価格は4万2984円、セキュリティケースは4104円。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ