このページの本文へ

シャープ、タッチパネルで直感操作できるPOSターミナル発表

2017年02月28日 18時04分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは2月28日、15型のPOSターミナル2機種「RZ-E606/RZ-E806」を発表した。RZ-E606の価格は26万円前後で、発売は5月下旬。RZ-E806の価格は33万円前後で、発売は6月中旬。

 タッチパネル機能付きでメニュー名や数量など画面に表示された内容をタッチするだけで直感的に操作できる。液晶表示部分と額縁がフラットなデザインで、境目にゴミや汚れがたまりにくいとしている。

 設置面が幅236×奥行206mmのスタンドで、カウンター上にすっきりと設置可能だという。さらに、壁掛けやポールへの取り付けなど、環境に応じて設置スタイルを選べる。

 また、振動や衝撃に強いSSDの採用や、フロントパネルが水やほこりが侵入しにくい防滴・防塵設計になっており、安定した稼働の実現をうたう。

 スペックは以下のとおり。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ