このページの本文へ

個人・法人向けに飛行申請や報告書の作成をサポート

ソフトバンク、ドローン飛行支援サービス「SORAPASS」提供開始

2017年02月10日 16時17分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

飛行禁止区域や危険区域の表示

 ソフトバンク コマース&サービスは2月10日、ブルーイノベーションと協業し、ドローン利用者に向けた情報・サービスを提供する「SORAPASS」(ソラパス)を開始した。

 飛行禁止・危険区域を地図上で閲覧できるほか、操縦者のスキル、飛行許可申請に必要な機体情報の入力や管理が可能(上記はいずれも無償サービス)。有償プランとして、気象情報の提供や3次元地図、飛行申請書・報告書の作成サポート、飛行申請代行などを提供する。

法人の取引に適した、シリアル番号の発行によって販売を行なう

 価格は、スタンダードプラン(同時利用10 ID)が23万7600円/年、ライトプラン(同時利用 1 ID)が5万9760円/年。有償プランのうち飛行申請・報告書作成サポートはライトプランなら月1回、スタンダードなら月20回まで利用可能。飛行申請代行サービスは15万円/件。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ