このページの本文へ

ネットワーク経由で使える「Mpression OpenCL ラボ」を開始

マクニカ、FPGA向けのOpenCL開発環境を無償提供

2016年05月02日 11時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月27日、マクニカはFPGAを用いたOpenCLの開発環境をネットワーク経由で無償利用できる「Mpression OpenCL ラボ」を開始した。

「Mpression OpenCL ラボ」

 同社の技術ブランド「Mpression(エムプレッション)」を冠したMpression OpenCL ラボは、アルテラのFPGA搭載ボードとFPGAの開発ソフトウェア一式(アルテラ SDK for OpenCL 含む)が導入されたサーバーを、SSL-VPN経由でユーザーに無償貸出するサービス。ユーザーは消費電力や設置スペースを抑えたFPGAによるCPUアクセラレーションや、ソフトウェア開発フローの評価プラットフォームとしてMpression OpenCL ラボを活用。FPGAを用いたディープラーニングやハイパフォーマンスコンピューティング、画像処理アプリケーション(車載、医療機器、MFP等)向けの開発を初期コストなく行なえるという。

 Mpression OpenCLラボ環境として、インテル Core i7-6700 プロセッサ(4コア、3.4GHz)やDDR4(2133MHz)64GB、Stratix V 搭載FPGAボードを搭載したサーバーを用意。OSとしてUbuntu 14.04 LTS、ソフトウェアとしてQuartus Prime スタンダード エディション v15.1.2、アルテラ SDK for OpenCL v15.1.2が導入されている。

 当初は特定ユーザーに対して環境の試験提供を行ない、その後は、Webページより申し込んだユーザーを対象に貸出を行なっていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ