このページの本文へ

レコードの楽曲をSDカードにMP3録音することも

電池駆動でどこでも使えるレコードプレーヤー「Bearmax Phonoclipper」

2016年04月28日 19時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Phonoclipper

 クマザキエイムは4月28日、Bearmaxブランドよりポータブル・レコードプレーヤー「Phonoclipper」(フォノクリッパー)を発売した。

 単3乾電池×4本で動作し、スピーカーも内蔵するためどこでもアナログレコードを再生できるレコードプレーヤー。SDカードスロットやUSB端子も搭載しており、レコードの楽曲をSD/SDHCカードやUSBメモリにMP3形式(128kbps)で録音できるほか、MP3ファイルを再生することも可能。

側面には外部音声出力端子も装備、上面の液晶パネルで各種操作が行なえる 

 レコードは33/45回転、EP/LP盤に対応(穴の大きなシングル盤用のアダプタも付属)。本体サイズは幅115 × 高95×奥290mm(フタを閉めた時)、重量は約950g。価格は9504円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン