このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

微妙な階調の差も再現するsRGB比95%ディスプレー

「DAIV」のノート1台で、理想のクリエイティブ環境を丸ごと手に入れた

2016年04月25日 11時00分更新

文● 山口優、編集●鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デジタルカメラの画素数向上にともない、撮影データ、特にRAWのファイルサイズは肥大化する一方だ。写真の現像や編集にかかる時間は数年前より確実に延びているし、カメラの高画質化によってディスプレーに求められる性能も年々高くなってきている。快適に写真を現像・編集したいなら、PCにも相応の投資を行ないたいところだ。

 とはいえ、超高画素データを軽々とハンドリングできるようなPCは大型のデスクトップが中心で価格も高いイメージがある。PC環境をできるだけコンパクトにまとめたい人は、なかなか手を出しづらいというのが現状である。

 そこで注目したいのが、マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」のノートPC「DAIV-N」シリーズ。sRGB比95%という色空間の広いIPSディスプレーを搭載しているのが大きな特徴だ。実際に写真の現像や編集などに使用して、その使い勝手を検証してみた。

「DAIV-NG5600H1」の主なスペック
CPUCore i7-6700K(4.00GHz/最大4.20GHz)
メモリー32GB
ストレージ480GB SSD(240GB SSD×2、RAID 0)インテル 535 SerialATAIII
グラフィックスGeForce GTX 965M
光学式ドライブなし(BTOで追加可能)
ディスプレー15.6型フルHD(1920×1080ドット)ノングレア
無線規格無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェイスUSB 3.0端子×3、eSATA共用USB 3.0端子、USB 3.1 Type-C端子(Thunderbolt共用)、HDMI 2.0端子、DisplayPort×2、ヘッドフォン出力、マイク入力、ライン入力、S/PDIF出力、マルチカードリーダー、有線LAN端子
本体サイズ/重量幅386×奥行き262×高さ35.7mm/重量約3.4kg
バッテリー駆動時間約2.7時間
OSWindows 10 Home(64bit)
価格26万9784円(税込)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター