このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(12月1日~12月31日)

【売上ランキング】IPSで1万円前半の液晶ディスプレーをチェック

2016年01月14日 17時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TSUKUMO eX.に聞いた
今週のオススメパーツ

 オススメパーツは、中央通りの黒いビルことTSUKUMO eXにいろいろ聞いてきた。PCケースと自作PCの相談カウンターのある6階からのオススメパーツは、限定特価品のCooler Master製PCケース「CM 690 III Green」だ。

 「とにかく組みやすいのが魅力です。組み立て担当のスタッフもイチオシですよ。さらに高さ171mmまでのCPUクーラーに対応しているのも良いところです。サイドアクリル仕様なので魅せるPCを組みたい人にもオススメですよ」とのこと。

発売当初2万円近かったCooler Master「CM 690 III Green」が、1万4018円に。通常モデルからプラス1000円で、サイドアクリルパネル仕様になるのもポイントに

 グラフィック・サウンドのフロアースタッフからは、同フロアースタッフも購入したというツクモ専売のZOTAC製GeForce GTX980 Ti搭載のビデオカード「ZOTAC GeForce GTX 980 Ti AMP! Omega」だ。

 「90mm径ファンを3基搭載する3スロット仕様なのでPCケースなどを選びますが、選別GPUコアのためかクロックの伸びが良くオススメです。ちなみに『Tom Clancy's Rainbow Six Siege』で、ゲーム内の一部テクスチャーをアップグレードする『Ultra-HD Texture Pack』を適用するとビデオメモリーは5.5GB(最高設定時)ほど使用されるなど、最近は4GBメモリーでは足りなくなることもありますので、6GBメモリーのGTX 980 Tiは狙い目です」

ZOTAC製GeForce GTX980 Ti搭載ビデオカードの「ZOTAC GeForce GTX 980 Ti AMP! Omega」。コア/ブーストは1178MHz/1279MHzのオーバークロック仕様で、トリプルファンの大型VGAクーラーを備える
TSUKUMO eX.では、主要ゲーム別にオススメビデオカードを案内するポップがある。スタッフが実際にプレイした際の感想も入っているので、ビデオカード選びの参考にしよう

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中