このページの本文へ

カナデジ〜吉井香奈恵とデジタルカメラ〜第10回

9nine吉井香奈恵と見る、イルミネーションとデジタルカメラ

2015年12月24日 10時00分更新

文● 松野/ASCII.jp 写真●鎌田拳太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「本当に見せたいのは『気持ち』」

 撮影をしながら、かんちゃんには毎回簡単なインタビューをさせていただいています。その際、必ず訊ねているのが「最近プライベートで何してますか?」という質問。いつもはスラスラ答えてくれるのですが、今回は特別なことが思い当たらないらしく、ちょっと考え込んでしまいました。どうやら、年末ならではの理由があるようです。

 「毎年そうなんですけど、年末になるとライブが増えてきて、9nineのことばっかり考えちゃうんですよ。夏場は割と『プライベートもしっかり充実させよう』って感じなので、それとは真逆ですね。他のメンバーと一緒にいることがほとんどで、でも何をしたかって言うと……一緒に過ごす時間が多すぎてあんまり思い浮かびません(笑)」

Photo by Yoshii Kanae

 彼女の言う通り、9nineの今年2度目の全国ツアー「9nine LIVE CIRCUIT 2015 ADVANCE」も佳境に入っています。地方会場でのライブが中心でしたが、どういう手ごたえがあったのでしょうか。

 「地方公演は順調で、一公演ごとに楽しさが増していく感じでした。毎週土曜日、日曜日が公演なので、平日はツアーの準備をして、っていう生活を続けてます。

 たとえばライブ中に録音していただいた歌を聴き込んで、反省を次回に生かしたりとか。ツアー名に『ADVANCE(進化)』って付いているだけに、自分たちも成長しないと、前回よりいいライブにしないとって気持ちが強いので、日に日にレベルアップできるように頑張っているんです。

 それから、ツアーの合間に学園祭やイベントにも参加させていただいたりして。ワンマンツアーの最中だからっていうのもあるけど、会場の雰囲気がすごく新鮮に感じられましたね。学祭は若い子も多くてノリも独特だし、けっこう好きなんです。みんなSNSをやってるから、その場でTwitterでフォローしてくれたり、『ファンになりました!』ってリプライをくれたり、生の反応をすぐに聴ける、すごくいい機会だなって思います」。

Photo by Yoshii Kanae

 そして、12月はいよいよツアーファイナルが待っています。今年最後のライブが行なわれるのは、彼女の地元でもある大阪・サンケイホールブリーゼです。最後に、ツアーファイナルに向けての意気込みを語っていただきました。

 「ずっと地方を回ってきて、ホールでの公演が今年の集大成になります。プレッシャーがないわけではないですけど、自分たちが今年一年で感じたり、得てきたものを全部活かしたいです。

 ツアー中はずっと自分たちのパフォーマンスを磨くことを目標にしてきて、それをみんなに見せたいって言ってきました。でも、本当に見せたいのは、私たちの気持ちなんです。気持ちが熱かったら、どんな会場でも、どんな人にも届くんじゃないかって私は思ってます。最高のパフォーマンスと最高の気持ちを見せて、来てくれた人みんなに楽しんでもらえるライブを作りたいです。

 あとは、ツアーと平行しつつ、着々と来年の準備も進めてるので……。ひとつひとつを大事に、2016年も頑張っていこうと思います」。

(次ページ、「光の帯が綺麗な『今日の一枚』」に続く)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン