このページの本文へ

マウスコンピューター&G-Tuneから2製品ずつピックアップ

オススメは中の人に聞け! 「いま本当に買うべき」デスクトップ&ノート

2015年12月12日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

売れ続ける理由がある! コスパ最強のロングセラーノート「MB-T721S-SP」

「m-Book T」シリーズ

 次に森さんがオススメしてくれたのは「m-Book T」シリーズ。GeForce GTX 960Mを搭載する15.6型ノートだ。従来機のビデオメモリーは2GBだったが、10月に登場した新モデルではビデオメモリーが4GBに倍増。これにより、マルチモニター環境などでより優れたパフォーマンスを発揮するという。

「MB-T721S-SP」の主なスペック
CPU Core i7-4710MQ(2.50GHz/最大3.50GHz)
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD(期間限定プレゼント)、1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 960M
チップセット インテル HM86 Express
ディスプレー 15.6型フルHD(1920×1080ドット)ノングレア
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
無線規格 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2,0端子×2、HDMI端子、有線LAN端子、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子
バッテリー駆動時間 約5.4時間
本体サイズ/重量 幅376×奥行252×高さ34.9mm/約2.6kg
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 12万9384円(税込)

森さんは「1世代前のCPUですが、コスト含めパフォーマンスに優れている」と語る

幾何学模様&紺色の天板は、ほかの製品にはなかなか見られないデザインだ

 「m-Book Tはマウスコンピューター製品のなかでも、かなりロングセラーのノートPCです。デザインは変わっていませんが、ここ2年間でGPUを3度アップデートし、現行機では最新のGeForce GTX 960Mを搭載しています。ほかのモデルとは違う幾何学模様の天板も特徴的なので、このデザインもロングセラーの理由かなと思います。

 CPUは最新のものではありませんが、その分コストパフォーマンスはかなり優れていると言えます。特にオススメなのが、税込12万円台の「MB-T721S-SP」です。Core i7-4710MQ、8GBメモリー、500GB HDDに加えてmSATA接続のSSDを搭載しています。DVDスーパーマルチドライブもあり、これ1台で何でもこなせるノートPCに仕上げていますよ。

 また、本モデルからGeForce GTX 960Mのビデオメモリーが4GBとなりました。高解像度のマルチモニター環境などでより快適に使用できるので、PCゲームを遊ぶ人以外にも注目してもらいたい製品です。デスクトップPCでも、ビデオメモリーは2GBのモデルが多いですしね」

 森さんがオススメするMB-T721S-SPは、今なら128GB mSATA SSDが無料でもらえるという非常にお買い得なモデルとなっている。m-Book Tを買うなら、間違いなくMB-T721S-SPが狙い目だ。

「MB-T721S-SP」のオススメポイント!

1.コストパフォーマンス高めのお買い得モデル! 128GB mSATA SSDが無料でもらえる

2.これ1台で何でもこなせる、ロングセラーの定番ノート!

3.ビデオメモリー倍増で、マルチモニター環境がより快適に!

マウスコンピューター/G-Tune

(次ページ、「G-Tune『LITTLEGEAR』は、自由にカスタマイズして買うべし!」)

カテゴリートップへ