このページの本文へ

新設の豊洲支店でNTTデータと実証実験

「いらっしゃいませ!」りそな銀行でロボット接客開始

2015年11月16日 09時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 銀行に入るとロボットが近寄ってきて「いらっしゃいませ。ご用件は?」

 11月15日に新設される「りそな銀行・豊洲支店(セブンデイズプラザとよす)」では、行員の代わりにロボットが働くようだ。

 まだ、実証実験の段階ではあるが――。

 NTTデータと共同で、12月末まで「コミュニケーションロボットによる顧客対応」の実証実験を行い、実用化に向けて効果や課題を検証していくと発表された。

 実験は、センサーとクラウドロボティクス基盤を活用したコミュニケーションロボットを用いて行われる。まず、天井に取り付けられた高感度センサーにより来店者を検知し、執務室で業務を行っている行員へ通知することで、少数での店舗運営をサポートする。

 さらに来店者を検知したセンサーとコミュニケーションロボットが連携し、「いらっしゃいませ」と声がけするなど、顧客対応の初動を速める。ロボットが会話の内容に合わせてセルフ受付タブレットの利用を促すなど、従来は行員が行っていた案内業務の一部も代行させる考え。

 12月末まで、こうしたサービスのプロトタイプを開発し、来店者や行員の意見を聞きながら効果測定や課題抽出を行う。

店頭受付用ロボットのイメージ

 NTTデータは、2015年7月に、NTTおよびヴイストンと共同で「センサーとロボットを連携させた『人の可能性を広げる』新たなサービスの実現に向けた共同実験」を発表。研究開発中の「クラウドロボティクス基盤」や、コミュニケーションロボット「Sota」などを用いて、「特別養護老人ホームにおける高齢者支援サービスの実証実験」などを行ってきた。

 今回の成果も他の展示会やイベントで公開し、コミュニケーションロボットによる支援業務へのヒアリングと周知を図り、実用化を目指す考えだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ