前へ 1 2 次へ

ファンならずとも行く価値アリだと断言したい

VAIOらしさとはカフェである! 渾身のVAIO Cafeを堪能してきた

文●鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIOらしくこだわり抜いた「名刺ケース」がすごい

 VAIO Cafeでしか買えない限定グッズもある。なんとVAIO本社がある安曇野製、いわゆる“安曇野フィニッシュ”のTシャツと、まるでVAIO Zが小型化したかのような名刺ケースだ。どちらも一見シンプルな見た目だが、実はこだわり抜いて作られたVAIOらしい限定グッズなのだ。名刺ケースは各タイプ100個ずつしかなく、最終日にはもう残っていないかも。

シンプルだが、VAIO Z/Z Canvasの心臓部である「Z ENGINE」ロゴの缶バッジが左胸にあるというシャレの効いたTシャツ

VAIO Zタイプの名刺ケース

マルチフリップ機構から側面の端子までバッチリ再現

こちらはVAIO Z Canvasタイプの名刺ケース。あらかじめ入っているカードがキーボードを再現

ケース内側には、Z Canvasのスタンドを開いたようすが印刷されている

実寸大のZ CanvasがARで出現する!

 さらに、初日オープン前に行なわれた記者向けイベントでは、VAIO Pro 13 | mk2の堅牢性を証明するパフォーマンスや、Z Canvasを実際に使って制作したというCG映像やARアプリも披露されるなど、会場は大いに盛り上がった。29日まで開催のVAIO Cafe、VAIOファンならずとも行く価値アリだ。

新VAIO Proは人が乗っても大丈夫

びくともしないヒンジ裏。これで重要な基板を守っているのだ

「東のエデン」オープニング映像などを担当した山口正憲氏による、VAIO Z Canvas特別ムービー

設計に使われたCADデータを使ってCG映像を制作したそうだ

タブレットのカメラ越しにZ Canvasを見ているのではなく、これはAR。実寸大表示され、キーを打ったりお絵かきできたりと機能満載

「VAIO AR」アプリを開発した金丸義勝氏

ARを楽しむにはアプリと「VAIO ARカード」が必要。今のところ、VAIO Cafeでのみ配布する予定とのこと!

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月