このページの本文へ

解析にサーバーを使うことで業務用機器の精度を実現

クラウド活用して肌をきれいに。ソニーが美容新事業

2015年02月03日 17時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソニーが2月3日に肌解析システム「Beauty Explorer」を発表

 エステティックサロンなど、主に美容業界で利用される肌測定器。ソニーによれば、業務用の肌測定器は大がかりかつ高額で、技術的に古くなっても使い続けなければならない側面があり、反対に個人向けの肌測定器は安価で扱いやすいが、得られる情報が限られている側面があったという。

 ソニーが2月3日に発表した肌解析システム「Beauty Explorer」は、肌測定器と、ソニーの画像処理技術を応用したアルゴリズムを組み合わせ、肌のキメ、毛穴、シミ、色味、水分/油分料などを高精度で計測する。解析用の撮像・情報取得をハードウェア、実際の解析はクラウド上のアルゴリズムと分業させることで、およそ幅38×奥行き53×高さ108mm/重量約115gと小型で取り回しやすい測定器と、高精度な解析力の両立を図った点が画期的。

専用測定器「Skin View Camera」複数のセンサーを組み合わせたもの

 肌の測定には、専用測定器「Skin View Camera」を用いる。CMOSセンサーと新規開発の光学式モジュールを組み合わせたもので、肌に押し当てるようにして肌の表面や皮下の状態を測定する。

Beauty Explorerの概要。情報の取得と解析を分業している

 Skin View Cameraで測定した情報はネットワーク経由でクラウドサーバーに送信され、サーバー上の肌解析アルゴリズム「SSKEP(スケップ)」により解析される。解析された情報を、専用タブレット向けの「Skin Analyzer」やスマートフォン向けの「Skin Viewer」で確認するという仕組み。SSKEPが運用されるサーバーはデータベースとしても機能し、ユーザーが増えれば増えるほど、より高精度で的確な分析が可能になるという。

専用タブレット向けのソフトウェア「Skin Analyzer」のUIの一例。すっきりしていて明快

 2015年3月発売予定で、当面はエステティックサロンや化粧品販売店舗、スポーツジムなどに向け販売される。価格は機材のリース代とクラウドサーバー利用料金を合わせて、1万5000円から2万円程度になる見込みだ。

 なお「ある程度普及がすすめば、一般消費者向けへの販売も考えられる(デバイスソリューション事業本部 イメージセンサ事業部 ISビジネス4部 北川悟氏)」としているが、現時点で一般販売の予定はない。販売目標額などは非公表。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン