このページの本文へ

延長サポートは2020年1月14日まで提供予定

Windows 7のメインストリームサポートが終了-完全終了は5年後に

2015年01月14日 12時58分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 7が延長サポート期間に入った

 マイクロソフトは米国時間の1月13日をもって、Windows 7のメインストリームサポートを終了した。以降は延長サポート期間となる。

 マイクロソフトのOSは通常、「メインストリームサポート5年間」+「延長サポート5年間=合計10年間のサポートが提供される。

Windows製品のサポートライフサイクル日程

 メインストリームサポートとは、マイクロソフトの製品発売後、最低5年間提供されるサポートのこと。期間中は、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートを実施している。今回はこれが終了となり、例えば次期Internet ExplorerはWindows 7が動作環境から外れる可能性が高い。

 なお、メインストリームサポートが終了しても、最低5年間は「延長サポート」期間となり、セキュリティパッチの提供は続けられる。そのため、延長サポートが終了するまではWindows 7は安全に使い続けられる。Windows 7の延長サポート終了は2020年1月14日を予定しており、それまでに移行先をじっくり検討すれば大丈夫だ。

 なお、Windows 8と同8.1についても、Windows 7の3年遅れでこのサイクルを追いかける形となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン