このページの本文へ

最新の業務データをクラウド上で共有・編集できるサービス

会計データもクラウド時代「弥生ドライブ」利用が10万社を突破

2014年10月23日 20時38分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「弥生ドライブ」は会社や自宅など、場所を選ばずに同一データにアクセスできる。

 業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生は10月23日、クラウドストレージサービス「弥生ドライブ」の利用社が10万人を超えたと発表した。

 データ共有サービスは、同一の会計データを弥生ドライブ上で共有できる機能。会計事務所が顧問先と会計データをやり取りする場合など、データ送受信やファイル管理の手間を軽減するという。「弥生15シリーズ」より、弥生ドライブ上のデータを直接起動して編集できる機能が「弥生会計」「やよいの青色申告」に加えて、「弥生給与」「やよいの給与計算」「やよいの見積もり・納品・請求書」「やよいの顧客管理」でも使用できるようになった。

 データバックアップサービスは、弥生ドライブ上にユーザー専用の領域を用意し、その容量内でのデータのバックアップやダウンロードができる機能だ。弥生製品で作成した業務データ以外のデータもバックアップ可能。

 弥生ドライブは、Microsoft Azure上で運用しており、24時間365日の監視体制でデータを保護しているため、BCP(事業継続計画)対策としても有効だという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新