このページの本文へ

テスラ、自動運転車実現に向けた発表まもなく=米報道

2014年10月07日 16時00分更新

盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現地時間1日、電気自動車メーカー、米テスラモーターズ創業者のイーロン・マスクCEOが「D、そして素晴らしいものをお見せするときが来ました」(About time to unveil the D and something else」とツイート。米カリフォルニア州で9日に開催されるイベントで、「D」とされた謎の新製品を発表するとほのめかし、話題を呼んだ。

 マスクCEOのツイートした写真にセダンタイプの「モデルS」フロントグリルと思わしき部分が見えていることから、ブログメディアなどがモデルSに「デュアルモーター」(前輪駆動)、または「ドライバーレス」(自動運転)など、「D」にまつわる新機能が搭載されるのではないかという推測記事を掲載している。

 そしてウォールストリートジャーナルブルームバーグなど複数の海外メディアが、同社が自動運転機能を備えた「モデルS」を発表するという関係者コメントを報道した。記事についてテスラ広報はノーコメント。同社は先月、日本でモデルSの納車、および充電スタンドのスーパーチャージャー敷設を開始したばかり。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ