このページの本文へ

フォステクスが平面&全面駆動振動板採用のヘッドフォンを発表

2014年05月10日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 フォステクスから、平面駆動のRP振動板を採用したヘッドフォン「TH500RP」が発表された。予想実売価格は8万円前で、8月上旬発売予定となる。フジヤエービック主催の「春のヘッドフォン祭2014」にて発表が行なわれた。

「TH500RP」 「TH500RP」。同社初のヘッドフォン「T50」のデザインを踏襲しているという
電磁コイルをプリントしたフィルムを磁石で振動させる構造 ヘッドフォン自体の構造
電磁コイルをプリントしたフィルムを磁石で振動させる構造ヘッドフォン自体の構造

 RP(全面駆動型)振動板は、高耐熱ポリイミドフィルムをベースにジグザグ状のプリンテッドコイル(ボイスコイルに相当)を搭載する同社独自のもの。縦横の動きが均等になるため、特に中~高音域の情報量が増すという。

 これを挟む形で磁石が配置され、プリントされた磁気コイルを振動させるダイナミック型ヘッドフォンとなる。ダイナミック型としては振幅が少なく、共振点を生みにくく、過剰振幅がないという。

 同社は1974年に「T50」という平面振動板採用ヘッドフォンをリリースしているが、近年はポータブルプレーヤーやヘッドフォンアンプが普及。平面振動板を使う需要ができたと判断して今回の製品を開発したとのこと。

図中の赤い線が中~高音域で、ブルーが中~低音域。パーツの穴の大きさなどを見直したという 図中の赤い線が中~高音域で、ブルーが中~低音域。パーツの穴の大きさなどを見直したという

 ただし、単にT50を復刻させるのではなく、磁石を解析して磁界が安定的に生まれるようにしたり、ハウジング内の構造を改良して低音もきっちり再生できるような工夫を施しているという。

柔らかいイヤーパット ケーブルは脱着式ではない
柔らかいイヤーパットケーブルは脱着式ではない

 ハウジングはオープン型で、再生周波数帯は20Hz~30kHz、インピーダンスは48Ω、感度は93dB/mW、最大入力は3000mWとなっている。ただし、製品仕様や詳細情報は後日正式発表とのことで、上記の仕様は変更される可能性がある。

 なお、5月11日まで中野サンプラザで開催中の春のヘッドフォン祭2014で本製品の試聴が可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン