このページの本文へ

プロゲーマーも開発に協力

両サイドにボタンが!左利きも使えるゲーミングマウス「Razer Taipan」

2014年05月02日 19時03分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

左右対称ゲーミングマウス「Taipan」に新たに白バージョンが登場

 Razer(レーザー)は5月2日、左右どちらの手でも使用できるゲーミングマウス「Taipan」の白バージョンを発表した。同社のストアにて発売されており、価格は79.99ドル。

 本製品はトラッキング解像度が非常に高い「8200dpi 4G レーザーセンサー」を搭載したゲーミングマウス。利き手を選ばない左右対称のデザイン、両側に設置されたサイドボタンは、プロゲーマーの幅広いフィードバックをもとに設計されている。シンプルなフォルムながら、プログラム可能なボタンを9個搭載する。

 また、本体に搭載する32ビットのARM プロセッサーにより、マウスで実行する機能を即時に伝達するという。接続方式はUSBで、無線での使用は不可。

 対応OSはWindows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP(32ビット)、Mac OS X(10.7から10.9)。サイズは幅63×奥行124×高さ36mm。重さは約95g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン