このページの本文へ

「Amazon Cloud Drive」上の写真や動画もテレビ画面に表示可能

「Apple TV」と同じ99ドル! 米アマゾンが動画ストリーミングやゲームがプレイできる「Fire TV」

2014年04月03日 19時24分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TVに接続してAmazonやHulu Plusなどの動画をストリーミングできる「Amazon Fire TV」が99ドルで発売

 米アマゾンは4月2日(現地時間)、TVに接続して「Amazon Prime」や「Hulu Plus」などの動画がストリーミングできる、アップルの「Apple TV」」と同じような性能を持つ「Amazon Fire TV」を発売した。価格は99ドル。

 Amazon Fire TVは、CPUにKrait 300、GPUにAdreno 320を搭載するストリーミングデバイス。メモリーは2GBで、Apple TVと比べて約4倍相当のサイズだという。映像ストリーミングを配信する「Netflix」や「Pandora」、「Hulu Plus」、「Crackle」などのアプリを使用して20万点以上の動画が視聴できる。HDMI接続で最大1080pでの動画視聴が可能。加えて、オーディオコーデックとしてドルビーデジタルプラスをサポートしている。また、リモコンは本体とBluetooth接続でき、内蔵マイクで音声検索が可能だ。

20万点以上の動画のストリーミングや、100本以上のゲームがプレイ可能リモコンでプレイ可能なゲームもあるが、別売りの専用コントローラーを購入すればより多くのゲームがプレイできる。価格は39ドル

 Amazon Fire TVはゲームデバイスとしても使用可能で、Amazon Game Studiosのゲームをダウンロードしてプレイできる。ゲームは無料/有料ゲームが用意され、有料ゲームの平均価格は1.85ドルだという。付属のリモコンでプレイ可能なタイトルもあるが、別売り(39ドル)の専用ワイヤレスコントローラーを購入すればより多くのゲームがプレイできるとしている。コントローラーは、動画再生などリモコンとしても利用可能だ。

 そのほか、Kindle Fire向けクラウドサービス「Amazon Cloud Drive」上の写真や動画をテレビ画面に表示でき、「Kindle Fire HDX」との連動も可能。加えて、子供の動画視聴時間を限定できる「ペアレンタル・コントロール機能も搭載する。

 サイズは約幅115×奥行115×高さ17.5mmで、重さは約281g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン