このページの本文へ

相手が「RealPlayer Cloud」を使用していなくても共有が可能

RealPlayerが進化していた。動画共有に特化した「RealPlayer Cloud」

2014年04月16日 18時08分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
従来の機能そのままにクラウド対応した「RealPlayer Cloud」

 リアルネットワークスは4月16日、オンラインのサーバーに動画を保管できるクラウド機能付きメディアプレーヤー「RealPlayer Cloud」日本語版の配信を開始した。

 「RealPlayer Cloud」は、Windows、Mac、iOS、Android端末で使える動画再生アプリ。動画をアップロードできるクラウド機能によりPCやスマートフォン、タブレットなど異なるデバイス間で動画を共有可能だ。さらに、どの端末からでも動画を続きから再生できるよう、どこまで再生したかをクラウドが自動で記録する。

 友人と動画を共有する場合は、動画そのものを送るのではなく、クラウド上にある動画のリンクを送る。このため、動画のデータサイズが大きい場合や、相手がRealPlayer Cloudを使用していなくても共有、視聴できるという。TwitterやFacebook、LINE、メールなどでリンクを送る機能が備わっている。

 また、デバイスの種類や画面サイズ、通信環境などに応じてフォーマットを自動変換する「SurePlay」技術を採用している。

 容量は2GBまで無料。有料で使用容量を追加でき、価格は25GBが月額499円、100GBが月額999円、300GBが月額2999円。RealPlayerを友人に紹介し登録してもらうと、本人と友人の両方に容量1GBが追加される仕組みとなっている。

 対応OSは、Windows 7以上、Mac OS X 10.4以上、iOS 6以上、Android 4.0以上。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン