このページの本文へ

URLを記録すれば販促ツールとして活用も

シールタイプのNFCタグとNFCタグの自作キット

2013年11月29日 18時16分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
オリジナルデザインのタグで、どのような動作が行われるかがひと目で分かる

 サンワサプライは11月29日、スマートフォンやタブレットなどをかざすだけで情報を取得できるNFCタグ「MM-NFCT」およびインクジェットプリンタで作成できる専用ラベル「MM-NFCLB」を12月上旬に発売すると発表した。

 「MM-NFCT」は500円玉サイズの25mm径シールタイプで、壁面やカーブ面など様々な場所に貼り付けられるという。同社の専用アプリ「NFCかんたん設定アプリ」でタグにタスクを記録することで、無線LANやBluetoothのON・OFF、カレンダーや天気などのアプリの起動がスマホやタブレットをかざすだけで可能になる。タスクは上書きができ、読み取り専用の設定にも対応。

 インクジェットラベル「MM-NFCLB」に画像やマークを印刷し、NFCタグの上に貼りつければオリジナルのタグを手作りできる。はがれにくい強粘着タイプで、「MM-NFCT」よりもひとまわり大きいサイズなので、剥がれ防止にもなるという。文章・イラストを追加できるテンプレートも用意。

 価格は「MM-NFCT」が10枚入り1995円、「MM-NFCLB」が18枚入り735円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン