このページの本文へ

ディズニーと連携、スマホゲームでLINEの勢いが加速か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEはゲームサービス「LINE GAME」で新たにウォルト・ディズニー・ジャパンと連携。ディズニーキャラクターを用いた「LINE GAME」を展開すると発表した。LINEではすでに「スタンプ」でディズニーキャラクターを提供しているが、今回の発表により、両社のビジネス提携がゲームコンテンツにも拡大する。

 LINE GAMEは2012年7月のサービス提供開始以来、実績を着実に高めてきており、ゲームアプリのダウンロード数は13年3月に累計で世界1億件を突破。ゲーム課金が売上に大きく貢献するようになり、2013年4~6月期の業績では売上高が前年同期比で66.9%増の97.7億円を記録。その内訳は、スタンプ課金が約27%であるのに対し、ゲーム課金は約53%と半数以上を占めた。

 ディズニーとの連携は、LINE GAMEのコンテンツ力を高めることが狙いの1つ。ディズニーストアで10月18日から発売となるぬいぐるみ「TSUM TSUM(ツムツム)」シリーズをテーマとし、カジュアルゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」を第1弾として今冬に提供開始する予定だ。

 スマホゲームのプラットフォームとしてはモバゲー(Mobage)やアメーバ(Ameba)、グリー(GREE)などが先行しているが、MMD研究所が8月に発表した「スマートフォンゲームに関する調査(課金編)」の調査結果によると、ユーザー数の多さでモバゲー(16.3%)とアメーバ(14.6%)、グリー(11.5%)を抑え、LINE GAMEが38.1%でトップになっている。ディズニーとの連携でLINE GAMEの勢いは加速しそうだ。

「LINE:ディズニー ツムツム」のイメージ画面(C)Disney (C)Disney/Pixar

「LINE:ディズニー ツムツム」のイメージ画面(C)Disney (C)Disney/Pixar

関連サイト
LINEのプレスリリース

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています
アスキークラウド 創刊3号(9月24日発売)

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中