このページの本文へ

ヨーロッパ・北米では今までどおり配信

PS3の「PlayStation Home」、新規コンテンツの配信を9月に終了

2013年08月30日 21時11分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PlayStation Home」は2008年にサービスを開始した3D仮想空間サービスだ。アバターと呼ばれる自分の分身を操って、ボイスチャットや テキストチャットによるほかのプレイヤーとの交流や、コンテンツなどの購入が可能だ

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは8月30日、同社がPS3向けに提供するコミュニティサービス「PlayStation Home」について、日本/アジア地域での新規コンテンツの配信を順次終了すると発表した。

 新規コンテンツの配信が終了するのは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが管轄する、日本を含むアジア地域。日本では2013年9月、アジアの国と地域では2014年3月で配信を終了する。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカおよびソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパが管轄する地域は、今までどおり新機能の提供やコンテンツの更新を続けるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ