このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第257回

バッテリー内蔵SHOT NOTEカバー「BATERIO」を衝動買い!

2013年08月21日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
バッテリーがメイン機能だと思って購入したが……やれやれ、さてさて……
バッテリーがメイン機能だと思って購入したが……やれやれ、さてさて……

 USBポートから給電を受けるさまざまな商品が増えてきたからか、スマホのバッテリーの大半がダメだからか、SNSを代表とする麻薬的アプリで不必要なほどスマホをこき使うからか、いずれか、あるいは複数の理由で、USBモバイルバッテリー市場が急激に拡大している。

 十数年前のモバイルPC全盛時代にもさまざまなモバイルバッテリーが登場したが、歴史は繰り返すがごとくスマホ全盛時代に今もそれはまったく同じだ。

 キングジムが発売しているノートカバー+USBモバイルバッテリーである「BATERIO」も、時代にフォーカスした“ステーショナリープラスアルファ商品”だ。

ケーブルは3本付属するがLightningはナシ

メインコピーの「いつものノートにバッテリーをプラス」はなかなか意味深だ(^_^;) パッケージにはBATERIO本体と取説、薄いSHOT NOTEが一冊入っている
メインコピーの「いつものノートにバッテリーをプラス」はなかなか意味深だ(^_^;)パッケージにはBATERIO本体と取説、薄いSHOT NOTEが一冊入っている
なかなかオシャレなたたずまいのBATERIO 3面開きのカバーを左右に開くと、ノートが露出して即筆記が可能だ
なかなかオシャレなたたずまいのBATERIO3面開きのカバーを左右に開くと、ノートが露出して即筆記が可能だ

 パッケージを開けると、BATERIO本体と、取説、薄いSHOT NOTEが一冊出てくる。カバーの形式はよくある三面開きのナイロン地で筆者は黒色カバーのモデルを購入した。

左側のカバーの内側のカバーを開くとバッテリー関連の3本のケーブルが見える。右側カバーのヒンジ部分にはお気に入りのペンや、Lightningケーブルなども収納可能だ
左側のカバーの内側のカバーを開くとバッテリー関連の3本のケーブルが見える。右側カバーのヒンジ部分にはお気に入りのペンや、Lightningケーブルなども収納可能だ

 マグネットで軽く固定されている右側のカバーを開き、続いて左側のカバーを開くとノートの表紙が現われる。少し分厚い左側カバーの内側のカバーをもう一度開くと、ケーブル類を収納したUSBモバイルバッテリー部分がある。

ケーブルは全部で3本。内蔵バッテリー充電用が1本と給電出力用が2本だ
ケーブルは全部で3本。内蔵バッテリー充電用が1本と給電出力用が2本だ

 用意されたケーブルは全部で3本。BATERIO内部のリチウムイオンバッテリーを充電するための入力用USBケーブル(プラグはオスで16cm)、Android系のスマホなどへの出力用のmicroUSBケーブル(8cm)、(名目上)汎用出力用となっているUSBケーブル(プラグはメスで8cm)だ。

 すべてのケーブルは大きなスペースを有効活用し、ケーブルはマネジメントされて綺麗にレイアウトされている。

 3本目の標準USBケーブル(出力専用・メス)は、実はiPhone 5やiPadへの充電が目的だが、パーツコストが少し高く、製造に関してもいろいろ制約のあるLightningケーブルを標準として採用せず、ユーザー所有のLightningケーブルの使用を前提としているようだ。柔軟で賢い選択だが、長いLightningケーブルはユーザーによっては極めて邪魔な存在かもしれない。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン