このページの本文へ

1947年7月8日の「ロズウェル事件」が元ネタです

Googleロゴが、墜落した宇宙人を救う一大アドベンチャーに!?

2013年07月08日 14時38分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Googleで検索しようとしたら、いきなりUFOが墜落寸前。びっくりした人も多いかもしれない

 今日7月8日、Googleで検索しようと思った人は、画面にいきなり現れた墜落寸前のUFOと宇宙人に驚いたのではないだろうか。このロゴをクリックすると、地球に不時着した宇宙人が、UFOのパーツを集めて帰還するアドベンチャーゲームを楽しむことができる。

 しかし、なぜGoogleロゴが宇宙人なのだろうか? 実は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で、“空飛ぶ円盤”が回収されたという報告がなされた、いわゆる「ロズウェル事件」が起きたのが1947年の7月8日。つまり、66年前の今日なのだ。

 この報告は後に、「回収されたのは調査気球である」と訂正された。ところが、実は気球ではなく「墜落した異星人の乗り物」だったのであり、政府はこれを隠蔽しているのだ……と主張している人もおり、今回のロゴは後者の“伝説”をゲーム化したもののようだ。事件が起きた当時を意識したのか、画面はモノクロームのフィルム風になっている。

 ゲーム内容はとてもシンプル。ロゴをクリックするとUFOが墜落してしまうので、宇宙人を操作し、あちこちに散らばってしまったUFOの3つの部品を集めるのが目的だ。宇宙人はクリックした方向に行くほか、あやしいポイントをクリックするとそこを調べたり、アイテムを入手したりできる。

地球に不時着してしまった宇宙人。行きたい方向をクリックすることでそちらに進む

 あまり細かく説明するとネタバレになってしまうが、「攻略の手順がよくわからない……」という人にいくつかヒントを。最初に画面向かって左側に進むと、ロープに繋がれた牛がいるので、それをクリックするとロープが手に入る。また、牛は地面に生えた草を食べだすが、そこをクリックすると……。

あやしいと思った地点をクリックすると、アイテムを入手できる。移動し、気になったところをクリックする、これの繰り返しだ

 無事3つの部品を集めれば、宇宙人はUFOに乗って飛び立ち、エンディングとなる。宇宙の神秘に思いを馳せつつ、午後の休憩時間に楽しんでみるのも一興だろう。

 ちなみに、今回のような祝日や記念日などにあわせたデザインに変更されたロゴ、「Google Doodle(グーグル ドゥードゥル)」の一覧はこちらから見ることができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン