このページの本文へ

魅せるスマホ 今日発売の「HTC J One」を写真で詳しく見た!

2013年06月01日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月1日に早くも発売された、au夏スマホの目玉「HTC J One」について、写真を中心にお届けしよう。

デザインが魅力のHTC J Oneが早くも発売

 すでに発表会レポートなどでも詳しく紹介してきたが、HTC J Oneの魅力はなんといってもそのデザイン。最近では少数派となったフルメタルのボディーは文句なしに美しい。背面の丸みも、見た目はもちろん持ちやすさでも◎。金属ならではのひんやりとした感触は持つ喜びを感じさせてくれる。

まず発売されるのは、このシルバーメタル。ブラックメタルは順次発売とされている

見た目、手触りとも高級感がある背面。前面にはステレオスピーカーを搭載。ちょっとした動画をみんなで見るときにも楽しさが違ってくる

防水は非対応でイヤホンとmicroUSBはキャップレス

側面も美しい

裏ブタは取り外し可能だが、ユーザーがバッテリーを交換することはできない。なお、HTC J Oneはグローバル版「HTC One」では非対応のmicroSDカードも増設できる

 4.7型のフルHD液晶に加えて、クアッドコアCPUとスペックは充実しており、おサイフケータイ/ワンセグ/赤外線通信と国内ユーザー向け機能も備えるが(防水・防塵には非対応)、これは楽しいと感じられるのが「HTC Zoe」と名づけられたカメラ機能。

 シャッターボタンを押す1秒前から、4秒後までを連続撮影し、時間を表わすバーを操作しながらベストショットを探したり、被写体の顔部分だけを時間軸を移動して入れ替えたりと、実用的かつ遊べる中身となっている。400万画素という画素数も、この楽しさや暗い場所での性能を実現するための工夫なのだ。

シャッターボタンを押す前後が動画のような連続写真で撮影されるので、タイムバーを操作してベストショットを探せる

スマイルレタッチでは、被写体の顔部分だけ時間軸を変更し、笑顔の瞬間に入れ替えることが可能

 なお、カラバリはホワイトメタル/ブラックメタルの2色で、ホワイトメタルが金属のイメージにマッチしているが、ブラックメタルのシックさももちろん魅力的。なお、ブラックメタルは若干遅れ、順次発売予定と告知されている。

こちらがブラックメタル

ブラックメタルはまったく異なる魅力を持つ

ホーム画面に用意されているのが、この「BlinkFeed」

通常のホーム画面やアプリメニューももちろんある

フルHDのディスプレーでウェブブラウザーも快適。Beats Audioの機能も搭載されている

「HTC J One HTL22」の主なスペック
メーカー HTC
ディスプレー 4.7型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約69×138×10.5mm
重量 約157g
CPU Snapdragon APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.1
LTE対応 ○(下り最大100Mbps)
WIN HIGH SPEED
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大8台)
国際ローミング CDMA/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約400万画素CMOS/イン:約210万画素CMOS
バッテリー容量 2300mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ×/×
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約450時間/約370時間
連続通話時間(3G) 約820分
カラバリ ホワイトメタル/ブラックメタル
発売時期 発売中

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン