このページの本文へ

全国で1000回、2万人を集客するセミナーも!

リコー、Windows 8導入を見据えたITインフラ構築や保守を強化

2012年11月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月15日、リコージャパンはWindows 8の移行推進や導入を見据えたITインフラの運用保守サービスを強化する。移行のコンサルティングから、導入・構築、運用保守までをワンストップで提供するサービスを提供する。クラウドとモバイルデバイスを活用した新しいワークスタイルを、自社の営業プロセス改革で得た実践ノウハウを活かした提案を行っていく。

 また、OS移行を機にネットワークインフラの見直しを提案。クラウドや仮想化環境の構築、IT資産管理の強化など、ITインフラに関する構築、運用保守を一括して請け負うITサービス事業を強化する。

 体制としては、約700人のシステム専任営業を全国に配置。全国均一でサービス提供できる体制を整備する。また、専門の技術者やサポート担当、製品担当で構成する専門部署「Windows 7+8センター」を設置。 Windows 7と8の導入・活用事例を全国から集めて検証し、実践ノウハウをお客様に提供するという。

 さらに、日本マイクロソフトと共同でWindows 8や次期Office、Office 365の最新情報を提供する「新製品セミナー」と、新OSへの移行に関する実践ノウハウを提供する「Windows 7 & 8 移行セミナー」を実施。マイクロソフト製品の販売実績が国内トップクラスとなる同社が、全国の販売・サービス網を活用したプロモーションとあわせ、新OSへの移行を促進するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ