このページの本文へ

シャープ、亀山工場を分離と大手メディアが報道

2012年08月17日 15時44分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 複数の大手メディアで、シャープの液晶パネル工場である亀山工場(三重県亀山市)を別会社化し、他社からの資本受け入れを検討していると報道されている。

 なお、シャープ広報に確認したところ「事実無根で、現在そのような動きはない」とのコメントだった。

 また、プレスリリースでは「業績回復に向け様々な検討をしているのは事実であり、開示すべき事項を決定した場合には速やかに発表いたします。」ともしている。

 シャープの亀山工場は第1工場と第2工場の2つがあり、それぞれ2004年、2006年に本格稼働を開始した。2009年により大規模な堺工場(大阪府堺市)が稼働を開始してからは、液晶テレビ用パネルはこちらが中心となり、現在はタブレットやスマートフォン用の中小型液晶への転換を進めている。

 なお、堺工場を運営する生産子会社へは、鴻海(ホンハイ)グループの出資が発表されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン