このページの本文へ

現場で使える5万円台モデル「MX514P」

経費を減らしたいなら BenQのエコなプロジェクター

2012年02月17日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベンキュージャパンは17日、プロジェクター新製品「MX514P」を発表した。輝度は2700ルーメン、解像度は1024×768ドット、コントラスト比は13000:1。2月23日発売で、予想実売価格は5万9800円。

 省エネ機能「Smart Eco」(スマートエコ)をオンにすると、コンテンツの輝度レベルにあわせてランプの消費電力を30~100%まで自動で調整する。ランプ寿命はスマートエコ実行時で最長6500時間という。

 パソコンとの接続にはミニD-sub15ピン×2、またはHDMI 1.3を使用。映像はSビデオ端子とコンポジット端子、音声はオーディオミニジャックとステレオRCA入力端子を搭載する。出力側はミニD-sub15ピン×1、オーディオミニジャック×1。スピーカー(2W)を内蔵しているため、音源はそのまま再生できる。

 画面サイズは40~300型程度。投写距離は1.6メートル(40型相当)~4.4メートル(100型相当)程度。消費電力は最大265Wだ。本体サイズは幅287.3×高さ114.4×奥行き232.6mm、重量は約2.5kg。

省エネ機能「Smart Eco」でランプ寿命を延ばせる。HDMIを含めて入力端子が豊富にそろうので、学校でも会社でも便利に使えそうだ
本体上面には操作パネル。コードをコンセントにつなぐだけですぐ電源が入る「ダイレクトパワーオン」機能もある
MX514P 主なスペック
画素数 XGA(1024x768)
輝度 2700 ルーメン
サイズ 幅287.3×奥行き232.6×高さ114.4mm
質量 約2.5kg
投写レンズ 明るさF:2.51~2.69 / f:21.95~24.18mm / ズームレンズ:1.1 倍
光源 190W 最大4500 時間(標準) / 最大6000 時間(エコノミー) / 最大6500 時間(スマートエコ)
静音性 26/30 dB(エコノミー/ノーマル)
入力端子 ミニD-sub15ピン×2、HDMI 端子 1.3×1、Sビデオ端子×1、ビデオコンポジット端子×1、オーディオミニジャック×1、音声入力端子(RCA)×1
出力端子 ミニD-sub15 ピンx1、オーディオミニジャックx1
制御入出力 RS232c 端子x1
コントラスト比 13000:1
画面サイズ 40型~30 型
色再現性 フルカラー約10 億7000 万色
アスペクト比 4:3(16:9 選択可)
対応解像度 VGA(640 x 480) ~ UXGA (1600 x 1200)
投写位置 フロント、リア、テーブル、天吊り
スピーカー 2W×1
カラー方式 NTSC、PAL、SECAM
電源電圧 AC100~240V±10%、50/60Hz
消費電力 最大265W (待機時 : 1W)
走査周波数(水平)/(垂直) 31~90kHz / 50~120Hz

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ