このページの本文へ

Abee「AS Enclosure DX4」、「AS Enclosure DX3」

奥行きたった333mmのアビー製アルミPCケースが発売開始

2011年02月25日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 奥行き333mmと省スペースでありながらハイエンドビデオカードも搭載可能なPCケース「AS Enclosure」シリーズが、アビーから発売となった。ラインナップはATX対応の「AS Enclosure DX4」とmicro ATX対応の「AS Enclosure DX3」2モデルだ。

「AS Enclosure」
奥行き333mmと省スペースでありながらハイエンドビデオカードも搭載可能なPCケース「AS Enclosure」シリーズがアビーから発売

 「AS Enclosure」シリーズは、従来のPCケースよりもかなり短い奥行き333mmとなるのが特徴の製品。全体サイズはATX対応の「AS Enclosure DX4」で219(W)×333(D)×472(H)mm、micro ATX対応の「AS Enclosure DX3」で219(W)×333(D)×411(H)mmとなる。さらに、このサイズながら「GeForce GTX 580」や「RADEON HD 6900」シリーズなどのハイエンドビデオカードも搭載可能だ。

内部
このサイズながら「GeForce GTX 580」や「RADEON HD 6900」シリーズなどのハイエンドビデオカードも搭載可能。シャドウべイは着脱可能でHDDの搭載も容易だ

 主なスペックは、ベイ数が5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×4(「AS Enclosure DX3」は2基)、2.5インチシャドウベイ×2(うち1基は3.5インチ共有)。PCIスロットは7(「AS Enclosure DX3」は4)。冷却ファンはお馴染みの120mmタイプのNANO TEK FAN(約1000rpm)をサイドに2基/リアに1基/トップに1基を搭載する。
 その他、フロントアクセスポートにUSB3.0ポート×2、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子(HD-AUDIO)を備える。なおフロントパネル、カバー素材はアルミ、シャシー素材にスティールを使用している。
 販売しているのはクレバリー1号店とドスパラ秋葉原本店、ソフマップリユース総合館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。価格は「AS Enclosure DX4」が2万9980円、「AS Enclosure DX3」が2万7980円となっている。

背面
PCIスロットは7(「AS Enclosure DX3」は4)。フロントアクセスポートにUSB3.0ポート×2、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子(HD-AUDIO)を備える

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中