このページの本文へ

IN WIN「Dragon Rider」

騎士の鎧風大型ケース「Dragon Rider」が販売開始!

2011年02月15日 23時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 E-ATXにも対応するフルタワーPCケース「Dragon Rider」がIN WINから発売となった。中世の騎士の鎧を思わせるようなフロントデザインが特徴の製品だ。

「Dragon Rider」
中世の騎士の鎧を思わせるような特長あるフロントデザインが特徴のフルタワーPCケース「Dragon Rider」がIN WINから発売

 同ケースは、昨年発売となったmicro ATX対応PCケース「IW-BR661」の上位モデルにあたる製品。本体サイズ239(W)×556(D)×578(H)mmと大型で、対応フォームファクタはE-ATX/ATX/micro ATX。中世の騎士の鎧を思わせるフロント部分は、防塵フィルタ内蔵のメッシュ構造になっており、高い通気性とメンテナンス性を確保しているという。

サイドパネル
E-ATXにも対応する内部は、広々として組み込み作業が楽に行なえそうな印象。吸音シートが貼られたサイドパネルは、標準装備の220mmファンを外して、120mmファンを最大6基搭載することも可能だ

 ドライブベイレイアウトは、5インチ×5(うち1基は3.5インチベイ排他利用)、3.5インチ×1(5インチベイ排他利用)、3.5インチシャドウベイ×6、2.5インチシャドウベイ×1で、ファンレイアウトはフロント120mm×1、右サイドBlueLED 120mm×1、左サイドBlue LED 220mm×1、リア120mm×1、トップ120mm×1(さらに120mm×1基増設可能)。
 なおトップ部にレイアウトされたI/Oポートは、USB3.0×2、USB2.0×2、eSATA×2、IEEE1394×1、マイク×1、ヘッドフォン×1という構成。
 価格は以下の通り。E-ATXにも対応する大型ケースながら、販売価格が約1万5000円に抑えられている点も嬉しい。

トップ部
トップ部にレイアウトされたI/Oポートは、USB3.0×2、USB2.0×2、eSATA×2、IEEE1394×1、マイク×1、ヘッドフォン×1という構成
価格ショップ
「Dragon Rider」
¥14,800アーク
¥14,970フェイス秋葉原本店
¥14,980TWOTOP秋葉原本店

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中