このページの本文へ

ロングズームデジタルカメラ「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」新発売

2010年03月09日 18時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

光学式30倍のマニュアルズームレンズを世界で初めて搭載!
超広角24mm~超望遠720mmまで、手動操作でスピーディーなズーミングが可能!
ハイスピード撮影を生かした多彩な新機能で画像表現の幅がさらに広がる

富士フイルム株式会社(社長:古森重隆)は、超広角24mm~超望遠720mm(*1)の高精細フジノン光学式30倍マニュアルズームレンズと、マクロやズーム撮影時にも手ブレ・被写体ブレを抑えて美しい画像を記録する強力な「5軸手ブレ補正」を搭載したロングズームデジタルカメラ「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」を、2010年4月17日より発売いたします。

 デジタルカメラ「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」製品紹介
  パソコンをご利用のお客さま
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixhs10/index.html?link=n2u
  携帯電話をご利用のお客さま
   ⇒ http://m.fujifilm.jp/digicame/hs10.html?link=n2u
  ※ケータイサイトはパソコンからはご覧いただけません。


「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」は、超高速連写を可能にする裏面照射型CMOSセンサーを採用し、ハイスピード撮影を生かした多彩な新機能で画像表現の幅を広げます。

「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」は、遠方の被写体を目の前で見るように引き寄せて美しく撮影できる、光学式30倍のマニュアルズームレンズを世界で初めて(*2)搭載しました。多くの映像分野のプロから高い信頼をいただいているフジノンレンズが、高解像度・高精細な描写力でシーンを美しく切り取ります。これ1本で超広角24mmから超望遠720mmまでの非常に広い撮影領域をカバーできるため、一眼レフのように交換レンズを何本も持ち歩く必要がなく、旅行に持っていくカメラとして最適です。撮影時は、ズームリングによる手動操作で狙ったズーム倍率に瞬時に設定でき、高速連写と併せて決定的瞬間を逃しません。

また、「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」は新開発の「5軸手ブレ補正」を搭載しています。手ブレ補正機能(CMOSシフト式)と高感度に加え、マルチフレーム技術(*3)による手ブレ補正を採用することで、従来のジャイロセンサー(*4)による縦回転(ピッチ方向)・横回転(ヨー方向)のブレ補正だけでなく、新たに垂直(上下シフト)・水平(左右シフト)・光軸回転(ロール方向)を加えた5方向の手ブレ補正が可能となりました。ブレやすい高倍率ズーム時やマクロ撮影時、夜景や薄暗い室内での高感度撮影時など、さまざまなシーンで手ブレ・被写体ブレをしっかりと補正します。

センサーには、1030万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。最速10コマ/秒の高速連写や最速1000コマ/秒のハイスピード動画撮影、高速撮影を生かした多彩な新機能により幅広い画像表現がお楽しみいただけます。

世界初(*5)の新機能「動体キャンセル」は、1回のシャッターで高速連写した5枚の画像を重ね合わせ、動いている被写体を検出し自動で取り除く機能です。例えば、旅行先などで、通行人のいない絵葉書のような写真が簡単に撮影できます。「動体キャッチ」は、動く被写体を高速連写し、被写体の連続した動きを1枚の画像に合成する機能です。スポーツのフォーム確認などで便利です。

さらに、上下・左右にカメラをぐるっと一振りするだけで、最大186度のダイナミックなパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ」を使えば、雄大な自然や高層ビル、賑やかなパーティーシーンなどで従来とは一味違う写真表現がお楽しみいただけます。

このほか、目をファインダーに近づけるだけで、液晶モニター表示から液晶ファインダー表示に自動的に切り替えるアイセンサーや、ハイアングル・ローアングル撮影時に役立つ、角度可変の3.0型マルチアングル液晶モニターなど、操作系も充実。ステレオ音声付のフルハイビジョン(HD)動画記録にも対応し、ご自宅のハイビジョンテレビに撮影画像を映し出してご鑑賞いただけます。(*6)

*1 35mmフィルム換算。
*2 光学式30倍ズームレンズ搭載のレンズ一体型デジタルカメラで、初めてマニュアル操作でのズームを可能にした。 2010年2月末現在。当社調べ。
*3 連続撮影した複数枚の画像を用いて、1枚の高精細画像を生成する技術。
*4 物体の角度や、時間当たりの角度の変化量である角速度を検出する計測器。
*5 デジタルカメラにおいて。 2010年2月末現在。当社調べ。
*6 市販のHDMIケーブルが必要です。


デジタルカメラ「FinePix HS10(以下、HS10)」の詳細は富士フイルムのウェブサイトをご覧ください。
 製品発表のニュースリリース
   ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0367.html?link=n2u
 HS10製品情報
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixhs10/index.html?link=n2u
 HS10の特長
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixhs10/feature001.html?link=n2u


<関連リンク>
デジタルカメラ製品ラインアップ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/index.html?link=n2u
富士フイルムの高精細液晶デジタルフォトフレーム製品ライアップ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalphotoframe/index.html?link=n2u
写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」
  ⇒ http://fotonoma.jp/index.html?link=n2u
富士フイルムのプリントサービス
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/print/index.html?link=n2u
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=n2u
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=n2u
富士フイルム ケータイサイト
  ⇒ http://m.fujifilm.jp/?link=n2u
  ※ケータイサイトはパソコンからはご覧いただけません。

※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

News2uリリース詳細へ

  • デジタルカメラ「FinePix HS10(ファインピックス HS10)」

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中