このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

イマドキ女子の生態が明らかに!? 柳原可奈子の“気になっちゃう”初エッセイ

2009年05月25日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お笑いタレントの柳原可奈子さんが、初エッセイ本『柳原可奈子の気になっちゃう感じですか?』(発売:幻冬舎/1260円)の発売記念握手会を24日、銀座の福家書店で行なった。

 フジテレビ系「笑っていいとも!」のレギュラー出演をはじめ、バラエティ番組では大人気の柳原さん。ぽっちゃりした外見的な特徴もさることながら、総武線の女子高生や渋谷のショップ店員のものまねなどが大ブレイク。その鋭い観察眼が高く評価されている。

 初エッセイでは、女子の派閥、友人の口癖、教師のさりげないえこひいきなどが目にとまって仕方がなかったという柳原さんならではの視点で、イマドキ女子の生態を分析。さらに日記、総武線の女子高生の生い立ちがわかるキャラクター図鑑、大御所スタイリスト・北条マキ(架空の人物。柳原さんのネタのひとつ)との対談など、盛りだくさんの内容となっている。

――出来上ったエッセイに関しての感想はいかがですか?
【柳原可奈子】1年前くらいから書いていたものがようやく出版となりました。キャラクタープロフィールみたいなものはどこかで出したいと思っていたんですよ。日記とか、対談とか、やってみたかったことができました。120%の出来。宝物にしたいです。

――見つけたネタはどうやって残しているのですか?
【柳原可奈子】普段はケータイの送信ボックスに入れておきます。最近のエピソードはこのエッセイでほとんど出してしまったので、また1から収集しないと。

――タイトルからの連想で、気になっちゃう異性はいますか?
【柳原可奈子】気になっちゃう男性はいません。理想はお笑い芸人という仕事を理解してくれる人。見た目的にはしょうゆ顔で細身がいいですね。太っていると肉弾戦になっちゃうし(笑)。

 最後に着ていた衣装のおしゃれポイントを聞かれると、渋谷のショップ店員調に「初夏ということでブルーで、みなさんに爽やかな気分になってほしいと思って選んじゃいました~。髪の毛とかアップにすると小顔に見えたりするんで~」と答える一方、「パリコレに行くにはちょっと、ね。だけど非常にトータルコーディネートはいいと思いません、か?」と大御所スタイリスト調にも。変幻自在のトークに報道陣も大笑いだった。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ