このページの本文へ

64bit OS対応のSempronに最上位モデルとなる「3400+」が加わる!

2005年08月12日 20時24分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 64bit OS対応の“AMD64テクノロジ”をサポートしたSocket 754版“Sempron”に最上位モデルとなる「Sempron 3400+」が加わった。4日に登場した「Sempron 3100+」に続き5モデル目となる。

パッケージ
64bit OS対応の“AMD64テクノロジ”をサポートしたSocket 754版「Sempron 3400+」。Sempronでは最上位モデルとなる

 現時点では、同社のウェブサイトに未掲載の製品のため電圧やTDPなどの詳細は不明だが、パッケージによるとクロック周波数は同じ2GHz。L2キャッシュは256KBとなる。OPNは“SDA3400AIO3BX”となっている。価格はドスパラアキバ店で1万6370円。

スペック OPN
実クロックは2GHzで、256KBのL2キャッシュを搭載するOPNは“SDA3400AIO3BX”
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ