このページの本文へ

NEC、2003年春のデスクトップパソコン“VALUESTAR”4シリーズ13機種を発表

2003年01月17日 17時31分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とNECカスタマックス(株)は17日、デスクトップパソコンおよびノートパソコンの新製品を発表した(ノートパソコンのニュースはこちらを参照)。デスクトップパソコン“VALUESTARシリーズ”は、ファミリー向け商品のラインナップ拡充を図った“VFシリーズ”、パーソナル向けでTV視聴/録画機能と記録型DVDドライブを持つ“VTシリーズ”、記録型DVDドライブを持つ“VCシリーズ”、コストパフォーマンス重視の“VLシリーズ”の4シリーズ13機種がラインナップされている。

SoundVu&記録型DVDモデルを拡充
VALUESTAR Fシリーズ

VFシリーズの特徴は、上位2モデル『VF900/5D』『VF700/5D』に「店頭での受けがいい」(同社広報)という液晶ディスプレーのパネル全面を振動させることで音を発生させる“SoundVu”テクノロジーを採用し、最上位モデルVF900/5DにはDVD-R/RAM/RW対応のDVDマルチドライブ、VF700/5DにはDVD-R/RWドライブ(ほかの2機種はDVD-ROM&CD-RW対応のコンボドライブ)を搭載、最廉価モデル『VF300/5D』を除きTV視聴/録画機能を標準で内蔵(TVモデルにはリモコンが標準添付)すること。いずれも、プレインストールOSであるWindows XP Personalのユーザーを1ボタンで切り替えられる“家族切替機能”を持つ。

VF900/5D VF700/5D VF500/5D VF300/5D
『VF900/5D』『VF700/5D』『VF500/5D』『VF300/5D』

CPUはVF900/5DがPentium 4-2.40BGHz、VF700/5DがCeleron-2GHz、VF500/5DとVF300/5DがCeleron-1.8GHz。メモリーは全機種256MB(PC2100対応DDR SDRAM)で、チップセットは台湾Silicon Integrated Systems社のSiS651(グラフィックス機能内蔵、メインメモリーのうち最大64MBをビデオメモリーとして使用)。HDDはVF900/5Dが約160GB、VF700/5Dが120GB、VF500/5DとVF300/5Dが80GB(いずれもUltraATA/100接続)となる。付属の液晶ディスプレーは、上位2モデルが17インチワイドXGA(1280×768ドット)/フルカラー表示で、USB 2.0を3ポート持つUSBハブ機能を搭載。下位2モデルには15インチXGA/フルカラー表示でUSB 2.0×4を搭載する液晶ディスプレーが付属する。いずれもパソコン本体とはデジタル(DVI-I)接続される。

本体サイズは幅120×奥行き373×高さ350mm、重量は約8.4~8.7kg。価格はすべてオープンプライスで、編集部による予想実売価格はVF900/5Dが30万円台前半、VF700/5Dが20万円台後半、VF500/5Dが20万円前後、VF300/5Dが10万円台後半。

全機種DVDマルチドライブ&TV機能を搭載
VALUESTAR Tシリーズ

パーソナル向け商品のVTシリーズの特徴は、新たに投入された3モデル『VT900/5D』『VT700/5D』『VT500/5D』のすべてでDVDマルチドライブを標準で内蔵したこと。上位2モデルにはTV視聴/録画機能を標準搭載し、“SoundVu”テクノロジーを採用した17インチワイドXGA表示の液晶ディスプレーが付属。VT500/5Dは15インチXGA表示の液晶ディスプレーが付属する。

VT900/5D VT700/5D VT500/5D
『VT900/5D』『VT700/5D』『VT500/5D』

CPUはVT900/5DがPentium 4-2.80GHz、VF700/5Dが同-2.40BGHz、VF500/5DとVF300/5Dが同-2AGHz。メモリーは最上位機種のみ512MB、ほかは256MB(いずれもPC2100対応DDR SDRAM)で、チップセットはグラフィックス機能内蔵のSiS651(メインメモリーから最大64MBをビデオメモリーとして共有)。HDDはVT900/5Dが約250GB、VT700/5Dが160GB、VT500/5Dが120GB。

本体サイズは幅120×奥行き373×高さ350mm、重量は約8.6~8.7kg。編集部による予想実売価格は、VT900/5Dが30万円台後半、VT700/5Dが30万円台前半、VT500/5Dが20万円半ば。

記録型DVDドライブを標準搭載
VALUESTAR Cシリーズ

パーソナル向け商品のVCシリーズは、DVDマルチドライブを採用した『VC500/5D』とDVD-R/RWドライブを採用した『VC300/5D』の2モデル構成。いずれもTV視聴/録画機能は省略され、付属の液晶ディスプレーは上位機が17インチのSXGA(1280×1024ドット)/フルカラー表示、下位機が15インチのXGA/フルカラー表示となる。

VC500/5D VC300/5D
『VC500/5D』『VC300/5D』

CPUはVC500/5DがPentium 4-2AGHz、VC300/5Dが同-1.80AGHz。メモリーは256MB(PC2100対応DDR SDRAM)で、チップセットはSiS651(メインメモリーから最大64MBをビデオメモリーとして共有)。HDDはともに120GB。

本体サイズは幅120×奥行き373×高さ350mm、重量は約8.5~8.7kg。編集部による予想実売価格は、VC500/5Dが20万円台半ば、VC300/5Dが20万円台前半。

最上位モデルではSoundVuと記録型DVD、TV機能を搭載
VALUESTAR Lシリーズ

パーソナル向け商品の中では、最もコストパフォーマンスを追求したVLシリーズは、上位2モデル『VL700/5D』『VL550/5D』がDVDマルチドライブ、『VL300/5D』『VL100/5D』がコンボドライブを内蔵する。上位2モデルはTV視聴&録画機能を持ち、VL700/5Dには、SoundVu機能を持つ17インチワイドXGA表示の液晶ディスプレーが付属。VL550/5DとVL300/5Dは15インチXGA/フルカラー表示の液晶ディスプレー、VL100/5Dには17インチのCRTディスプレーが付属する。

VL700/5D VL550/5D VL300/5D VL100/5D
『VL700/5D』『VL550/5D』『VL300/5D』『VL100/5D』

このほかのスペックは全機種共通で、CPUはCeleron-1.8GHz、メモリーは256MB(PC2100対応DDR SDRAM)で、チップセットはSiS651(メインメモリーから最大64MBをビデオメモリーとして共有)。HDDは120GB。

本体サイズは幅111×奥行き361×高さ335mm、重量は約8.6~8.8kg。編集部による予想実売価格は、VL700/5Dが20万円台前半、VL550/5Dが20万円前後、VL300/5Dが10万円台後半。VL100/5Dが10万円台半ば。

通販モデルにも新製品を投入

なお、同時にNECの直販サイト121wareの専用モデル『VALUESTAR G』にも4機種が発表されている。いずれも購入時に仕様の変更が可能なB.T.O.(Build To Order)対応。価格は、ファミリー向けの“タイプF”(VFシリーズ相当)が9万4800円から、パーソナル向けの“タイプT”(VTシリーズ相当)が12万7800円から、“タイプC”(VCシリーズ相当)が10万2800円から、“タイプL”(VLシリーズ相当)が8万2300円から、となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン