このページの本文へ

デル、Xeon-2.80GHzデュアル対応のワークステーション2機種を発売

2002年11月18日 17時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は18日、同社のワークステーション製品“Dell Precision Workstation(デル・プレシジョン・ワークステーション)”シリーズで、Xeon-2.80GHz(533MHz FSB)をデュアル構成で搭載可能な、プロ向けの『Dell Precision Workstation 650』とスモールミニタワーシャーシ採用の『Dell Precision Workstation 450』の販売を同日付けで開始すると発表した。購入・問い合わせ窓口はTEL.044-556-6190または直販サイト“オンライン・ストア”。

『Dell Precision Workstation 650』
『Dell Precision Workstation 650』

『Dell Precision Workstation 650』は、Xeon-2/2.40/2.60/2.80GHzをデュアル構成で搭載でき、ワークステーション向けに最適化された533MHz FSB対応のインテル E7505チップセットを採用する。本体サイズは幅225.8×奥行き502.9×高さ504.7mm、重量は22.68kg(構成による)。『Dell Precision Workstation 450』は、Xeon-2/2.20/2.40/2.60/2.80GHzをデュアル構成で搭載でき、チップセットにE7505を採用する。従来より小型化され、拡張性やメンテナンス性に優れるという新型のスモールミニタワーシャーシを採用し、本体サイズは幅444.5×奥行き444.5×高さ165mm(横置き時)、重量は18.14kg(同)。

『Dell Precision Workstation 450』
『Dell Precision Workstation 450』

両機種ともに、256MB~4GBのデュアルチャネルDDR SDRAMメモリー(PC2100)、20~120GBのUltra ATA/100対応のHDDの搭載が可能となる。最大146GBのUltra320 SCSI対応のHDDを選択し、RAID 0の構築が可能なUltra 320 SCSIコントローラーなどと組み合わせることも可能となる。Gigabit Ethernetコントローラーを搭載するほか、8倍速AGP Pro110(450はPro50)に対応し、米エヌビディア社のグラフィックスカード『Quadro4 900XGL』などを選択できる。OSは、Windows 2000 Professional SP3/XP Professional。

650の構成価格例は、Xeon-2.40GHz、512MBのメモリー、36GBのUltra320 SCSI対応のHDD(毎分1万回転)、Quadro4 900XGL、最大48倍速CD-ROMドライブ、Windows XP Professionalなどで、35万8500円。

450の構成価格例は、Xeon-2GHz、512MBのメモリー、40GBのUltra ATA/100対応のHDD(毎分7200回転)、Quadro4 900XGL、最大48倍速CD-ROMドライブ、Windows XP Professionalなどで、28万2500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン