このページの本文へ

カシオ、CFカード対応のPocket PC『カシオペア E-750』を発表

2001年06月12日 18時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カシオ計算機(株)は12日、CFカードスロットを搭載したPocket PC『カシオペア E-750』を7月10日に発売すると発表した。

『カシオペア E-750』

E-750は、従来機種『カシオペア E-700』のマルチメディアカード/SDメモリーカードスロットの代わりに、CFカードスロットを搭載。『C@rdH”64 petit』などのCFカード型PHS通信カードを接続すれば、ケーブルレスでインターネットにアクセスできる。バッテリーも、CFカードへ電源を供給しながらの使用を想定し、より大容量のリチウムイオン充電池(容量は1500mA、E-700では1100mA)を搭載。通常の使用で約10時間の連続使用が可能(動作1分、表示10分を繰り返した場合)。また、処理の高速化も図られており、E-700のCPU『VR4122-150MHz』より高速な『VR4131-200MHz』を搭載。約3割の高速化がなされている。

PHSカードを装着したE-750PHS通信カードを装着したE-750

本体はCFカードスロットと大容量バッテリーを搭載したため、E-700よりひと回り大きくなり、重量も増加している。

『カシオペア E-750』の主な仕様は以下のとおり。

  • CPU……VR4131-200MHz
  • メモリ……ROM32MB、RAM32MB
  • OS……Windows CE 3.0
  • 液晶……240×320ドット“HAST”(※1)カラー液晶、6万5536色
  • インターフェース……シリアル、USB、デジタル携帯電話(PDC/cdmaOne)接続、PHS接続、コンパクトフラッシュ(TypeII)×1、IrDA(ver.1.2準拠)
  • サイズ……幅83.6×奥行き20×高さ132.2mm、重さ約250g(電池含む)

バンドルする主なソフトウェアは以下のとおり。

  • インターネット検索エージェント『WordLinker』
  • 動画、静止画の録画/再生が可能な『モバイルピクチャー&ビデオプレーヤーwithカメラ』
  • MPEG-4プレーヤー『PV Player』
  • 三省堂監修の辞書(英和約4万語/和英約2万7000語/国語約5万語/漢和6355字)
  • CFカードへのバックアップ用ソフト

7月からは、ウェブサイトの“GoodCrew Leche”において、ポケットPC用ソフトウェアのダウンロード販売を開始する。ここではWindows CEに関するニュースやソフトウェアダウンロードなどを提供するウェブサイト“Windows CE FAN”と協力し、“Windows CE FAN”に公開されているソフトウェアの中から厳選したものを提供するとしている。

価格はオープンプライスで、予想実売価格は4万9800円から5万2800円程度の見込み。なお、本製品の発売と併せて、オンラインショッピングサイト“e-カシオ”では『C@rdH”64 petit』セットモデルを発売する(現時点で価格未定)。

※1 ハイパーアモルファスシリコンTFTの略。カシオ電子デバイス(株)が独自に開発したTFT技術で、通常のTFT液晶より高精細で省電力なため、モバイル機器向けに使用される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン