このページの本文へ

マイクロソフト、光学式センサー搭載のトラックボールを発売

2001年03月12日 18時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は12日、光学式センサー“IntelliEye”を搭載したトラックボール『Microsoft Trackball Explorer』を4月13日に発売すると発表した。価格はオープンプライス(予想販売価格は6800円)。

トラックボール本体の写真“エルゴノミクスデザイン”を採用した『Microsoft Trackball Explorer』

『Microsoft Trackball Explorer』は、5ボタンのホイール付きトラックボール。ボールの動きを検出するメカニズムに光学式センサー“IntelliEye(インテリアイ)”を採用し、ゴミや埃の付着によるスリップをなくしたという。また、トラックボールを使う際に手にかかる圧力や腕の緊張状態などを科学的に解析して設計した“エルゴノミクス(人間工学)デザイン”を採用した。通常のボタンのほかに、カスタマイズ可能なボタンを2つ搭載する。

トラックボールの製品パッケージ『Microsoft Trackball Explorer』

接続インターフェースはPS/2、およびUSB。対応機種はWindows 95/98/Me/NT 4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。またはUSBポートを装備し、Mac OS 8.5.1以降を搭載したMacintosh。本体サイズ、重さは非公表。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン