このページの本文へ

トラックボール エクスプローラ

トラックボール エクスプローラ

2001年03月13日 14時15分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフト(株)は、同社の最新マウス「インテリマウス エクスプローラ」や「インテリマウス オプティカル」などに採用している光学式センサを搭載したトラックボールの新製品、「トラックボール エクスプローラ」を4月13日に発売する。

トラックボール エクスプローラ
実は、DOS/V ISSUEの2000年7月号と10月号で2回スクープしている「トラックボール エクスプローラ」。あの時は勇み足だったが、いよいよ4月13日に国内発売される。

 コードネーム「Rollie」こと、トラックボール エクスプローラは手にフィットするエルゴノミックデザインを採用した、やや大ぶりのトラックボール。PCとの接続はUSBで、WindowsとMacintoshに対応している。親指の位置(左側)に左右ボタンとホイール、ボールを挟んで右にデフォルトでは「進む」「戻る」の2つの機能ボタンが用意されており、インテリマウス エクスプローラと同等の機能を実現する。進む&戻るボタンは薬指や小指で操作することになるが、左右ボタンと機能ボタンの割り当ては、付属のユーティリティ「インテリポイントソフトウェア」で変更も可能。



トラックボール エクスプローラ
大きく見えるが、手をかぶせるちょうどすっぽり収まる。

 実際にUSBポートに接続すると、ボールの周囲が赤く光り、ボール表面の幾何学模様(光学センサが回転方向と速度を割り出すのに必要なテクスチャ)を照らし出す。搭載している光学センサは2000回/秒スキャンする、後期型トラックボール エクスプローラ(現在市販しているもの)と同じタイプだ。本体の底面は実測で約170×100mmと縦長ですこし歪曲した楕円になっている(足の裏のよう)。ボールは直径50mmと大ぶりで、大きく動かさなくてもカーソルが画面の端まですばやく移動する(調整は可能)。また、重さは実測250g。
 対応OSはWindows 95/98/Me/NT 4.0+SP3/2000、およびMac OS 8.5.1以上(Mac OS Xは未対応)。価格はオープンプライスで、予想店頭価格は6800円。

マイクロソフト(株)
問い合わせ先 カスタマー インフォメーションセンター 03-5454-2300/06-6347-9300



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン