このページの本文へ

アクト・ツー、Mac/Windows用のセキュリティーソフト「ウイルスバリア X5 デュアルプロテクション」「インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション デュアルプロテクション」の2製品を発売

Mac/Windowsのセキュリティーどちらも安心

2008年07月25日 14時52分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アクト・ツーは24日、Mac/Windows用のセキュリティーソフトをセットにした「ウイルスバリア X5 デュアルプロテクション」「インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション デュアルプロテクション」の2製品を発売した。

ウイルスバリア X5 デュアルプロテクション」は、仏インテゴ社製のMac用セキュリティーソフト「ウイルスバリアX5」とルーマニアのビットディフェンダー社製のWindows用セキュリティーソフト「ビットディフェンダーアンチウイルス」をセットにしたパッケージソフト。インストール後は自動的にマシンのファイルを監視し、ウイルスをチェックする。ファイルを開いたり閉じたりする際や、新しいソフトをインストールするときにもスキャンを実行する。動作は軽くシステムに負担をかけることもない。

ウイルスバリア X5 デュアルプロテクション

価格は、ダウンロード版が1万290円、パッケージ版が1万1340円、旧バージョンからのアップグレードが7140円

ウイルスバリア X5 デュアルプロテクション

インターフェースはシンプルで複雑な操作は必要ない


インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション デュアルプロテクション」は、Mac用セキュリティーソフト「インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション」とWindows用セキュリティーソフト「ビットディフェンダー インターネットセキュリティ」を一緒にしたパッケージソフト。クレジットカードなどの個人情報を守る「ネットバリア X5」、スパムメール撃退ツール「パーソナルアンチスパム X5」といった機能を搭載しており、ネットワークでの悩みの種を解消する。

インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション デュアルプロテクション

価格は、ダウンロード版が1万5540円、パッケージ版が1万6590円、旧バージョン版が9450円

インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション デュアルプロテクション

ブラックリストとホワイトリスト機能によって、正確に正しいメールと迷惑メールを振り分ける

両製品とも、対応システムはMac OS X 10.4以上およびWindows 2000 SP4/XP SP2/Vista。対応マシンは、PowerPC G3およびインテルCPUを搭載したMac、またはPentium4 1GHz以上のPC。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中