このページの本文へ

利用者の66%は女性と判明

ニフティとスクエニ、無料カジュアルゲームの利用実態の調査結果を発表

2008年03月10日 16時38分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニフティ(株)と(株)スクウェア・エニックスは10日、ニフティのゲームポータルサイト「@niftyゲーム」で提供している無料ゲームの利用実態の自主調査結果を発表した。調査期間は2007年11月15日~2008年2月14日で、有効回答数は2575名。

性別比率 性別比率 ニフティ/スクウェア・エニックス調べ
年齢比率
女性比率 全体比率
女性比率全体比率

 調査結果では、「ゲームを遊んでいる場所」に対する回答に対して、自宅から利用しているユーザーが93.7%で、ほぼすべてのユーザーは自宅からプレイしている結果となっている。性別別に見ると女性が66.0%、男性が34.0%と女性が多めなほか、男女共に年齢は35歳~49歳が52.7%を占めている結果となった。これにより、主婦層を中心に自宅でプレイしているユーザーがボリュームゾーンであったことが明らかになっている。

いつも遊んでいるゲームのジャンル 今後増やしてほしいゲームのジャンル
いつも遊んでいるゲームのジャンル今後増やしてほしいゲームのジャンル

 また「いつも遊んでいるゲームのジャンル」という回答では、パズルが85.7%で、「今後増やしてほしいゲームのジャンル」というアンケートに関してもパズルが68.1%と圧倒的な支持があることがわかった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン