このページの本文へ

剥き出し系HDDケースの「五重塔」に小型モデル「二式(三五型)」が登場

2007年06月06日 23時10分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フリーダムの“アイデア工房”シリーズから3.5インチHDD用スタックケース「二式(三五型)」が発売となった。同社からは発売済みのHDDケース「五重塔」の小型モデルと言える製品だ。

フリーダムの“アイデア工房”シリーズから3.5インチHDD用スタックケース「二式(三五型)」が発売

 昨年11月に発売された「五重塔」は、その名の通り3.5インチHDDを5つスタック可能なHDDケースだった。今回登場した、なにやら昔の戦闘機のようなネーミングの製品「二式(三五型)」はその小型モデルで搭載可能なHDDは2台までとなっている。
 パッケージにはスペーサーが同梱。3.5インチHDDをドライバーレスでの装着が可能なほか、同製品の二段重ねや三段重ね、ピラミッド型重ねなどといった増設例も紹介されている。価格はアークで1260円、高速電脳で1280円となっている。

搭載可能なHDDは2台まで。同梱のスペーサーを利用することで、ドライバーレスでの装着が可能だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中