このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松岡美樹の“ネットメディアの心理学”第5回

SNS「禁煙するぞ.jp」で禁煙するぞ

2007年05月23日 00時00分更新

文● 松岡美樹、イラスト●さとうゆり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回の記事に書いたように、私のブログは最近何度か禁煙ネタで盛り上がっている。で、アクセス解析していると“禁煙するぞ.jp”なる謎の星から飛来している人が何人かいた。



百貨店型、専門店型


 なんだろうこれは? 好奇心にかられてその星へ行ってみると、いやはや参りました。こんな世界があったんですね。なんとそれはタバコをやめる人のためのSNSなのである。おもしろそうなのでさっそく入会してみた。

禁煙するぞ.jp
禁煙するぞ.jp

 SNSはここ数年、テーマ別に細分化が進んでいる。“百貨店型(総合型)SNS”のmixiには、先行者メリットがある。後発で似たようなことをやっても、すでに巨大なパイを押さえているmixiには太刀打ちできない。で、何らかのテーマを掲げた専門店型SNSが激増しているのだ。

 例えばジョギング愛好家が自分の走るルートを地図上で公開・共有するSNSもあれば、マンガを描く・読む人だけが集まるSNSもある。生活シーンのあらゆる場面がSNSをスペシャライズさせる切り口になってきている。今年3月にオープンしたばかりの“禁煙するぞ.jp”も、そんな専門店型SNSのひとつだ。



疎外感を感じたあなた、禁煙に挑戦しませんか?


 健康増進法の影響か、社会全体の禁煙スペース化が急ピッチで進んでいる。例えば、あなたはこれから取引先を訪ねるビジネスマンだとしよう。すでにあなたの会社は全面禁煙だ。では目的地へ着くまでの間にタバコは吸えるのか?

 まず電車に乗るため最寄駅へ行っても、駅のホームではもう吸えない。かといって目的の駅で降りたあとも、取引先に着くまで歩きタバコをするわけにもいかない。もちろん取引先の社屋に入れば、またもやそこも禁煙である。

 喫煙族はもはや生きて行くスペースがないのだ。で、「もういっそ、これを機会に禁煙するか?」と考える人が増えている。

 だが言うまでもなく、禁断症状に耐えて禁煙を成就するのは大変だ。禁煙は自分との戦いであり、孤立無援の孤独な苦戦を強いられる。

 ああ、こんなときに禁煙仲間と励ましあったり、ラクに禁煙できる方法を情報交換できれば……。そんなニーズに応えるのが、禁煙するぞ.jpなのである。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン