このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第177回

動画や電子書籍などコンテンツを楽しむのに特に便利!

10.4型タブレット「HUAWEI MatePad」はエンタメでもビジネスでも大活躍!

2022年08月30日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マルチウィンドウでビジネス用途でも活躍
オプションのキーボードカバーやペンでさらに便利に

 次に、HUAWEI MatePadをビジネス用途を意識して利用した。

 10.4型の大画面ディスプレーは広々としており、やはり快適で作業効率もアップする。最大4つのアプリを同時に表示できる「マルチウィンドウ」機能も搭載されており、動画を観ながらメモをとったり、ウェブページの情報を文書にまとめるといった作業にもストレスがない。

横画面の左右で分割してアプリを表示してもこのとおりに余裕あり

 オンライン会議では広角のフロントカメラが活躍する。また、HUAWEI MatePadは3基のマイクを内蔵しており、声をしっかりと拾ってくれるので、ビデオ会議で活躍してくれる。自分の姿や声をクリアな映像と音声で相手に届けられると、印象がアップするという部分はあるので心強い。

 なお、ビジネスでのさらなる使いこなしを考えているならば、オプションの導入も検討したいところだ。4096段階の筆圧感知に対応するスタイラスペン「HUAWEI M-pencil Package(第2世代)」(市場想定価格:1万3200円)ではより直感的な操作が可能になり、PDFファイルへの書き込みやお絵描きにも使える。本体保護にも役立つキーボードカバー「HUAWEI Smart Keyboard」(市場想定価格:9350円)では、より効率的な文字入力が可能になる。

ペン入力や本格的なテキスト入力をするなら、オプションも揃えたい

 最後にHUAWEI MatePadの持ち運びのしやすさについても触れておこう。本体重量が約450gで、厚みは約7.35mmと軽量コンパクト。手に持ってオフィス内を移動する時でも、バッグに入れて通勤する際にも、ストレスを感じることはないはずだ。

 HUAWEI MatePad(2022年モデル)は、ファーウェイ公式オンラインストア「HUAWEI STORE」や家電量販店、ECサイトなどで発売中。市場想定価格は4万1800円となっている。お手頃価格ながら、ディスプレーにサウンドと高品質な1台で、特にコンテンツを楽しむのに適した製品だろう。

ファーウェイ「HUAWEI MatePad(2022年モデル)」の主なスペック
ディスプレー 約10.4型IPS液晶
画面解像度 2000×1200
サイズ 約245.2×154.96×7.35mm
重量 約450g
CPU HUAWEI Kirin 710A
(4×2GHz+4×1.7GHz)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS HarmonyOS 2
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
カメラ画素数 アウト:約1300万画素
/イン:約800万画素
バッテリー容量 7250mAh
USB端子 Type-C
カラバリ マットグレー
市場予想価格(税込) 4万1800円
   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店